高千代「純米大吟醸 魚沼産一本〆 無調整生原酒」(高千代酒造)

DSC07048_20161225225028964.jpg
銘柄:高千代「純米大吟醸 魚沼産一本〆 無調整生原酒」
製造:高千代酒造
種類:純米大吟醸
酒米:一本〆

一本〆の文字が目に入りついつい手にして見た高千代。冬限定であまり流通がなさそうですが、しぼりたてで、お値段もお手頃で純米大吟醸のスペックが買えるならいいかなって思いすぐに購入していました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは完熟メロンを普仏させる甘い甘い吟醸香です。飲んでみると少しピリッとした刺激がありますが大半は甘いフルーティーで濃厚な旨みがいきなり感じられる口当たり。その後に口のなかに広がってくるのはフレッシュな旨みがぎっしり広がってくる感じ。そしてその中に極微炭酸の刺激があり、最初のピリっとした刺激はこの炭酸のためかなって印象を受けます。いつまでも残る完熟メロンのような米の甘い旨みが大変心地よく、いつまでもその余韻に浸りたくなるようなお酒でした。

いしはら酒店で購入
スポンサーサイト

水芭蕉「吟醸酒」(永井酒造)

DSC06725.jpg
銘柄:水芭蕉「吟醸酒」
製造:永井酒造
種類:吟醸
酒米:山田錦

近くのスーパーでは水芭蕉の取り扱いが以前より充実しており、気がついたら結構揃っていました。今回は吟醸酒を選んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな甘さを感じる吟醸香の透明なお酒です。飲んでみるとフルーティーで華やかな甘い口当たりです。口の中に広がる旨みはナチュラルな舌触りでさらりとした綺麗な酒質、それでいて少しドライな喉越しで締める感じです。何度か飲んでいると、フルーティーな甘さの中に少し苦味を感じるようになってきますが、この苦味がちょうど良いアクセントになって、甘い旨みが引き立ってきて複雑な旨みを堪能できます。単品で飲んでも美味しくいただけたお酒でした。

覚王山フランテで購入。

三千櫻「純米 五百万石 生原酒」(三千櫻酒造)

DSC06729.jpg
銘柄:三千櫻「純米 五百万石 生原酒」
製造:三千櫻酒造
種類:純米
酒米:五百万石

フルーティーな旨みで人気のある三千櫻の五百万石純米酒の生酒が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香。飲んで見るとフルーティーな甘い口当たり。辛口で甘さを感じつつもドライな喉越しが同時にやってくる感じでしょうか。その中に若干の苦味と米の旨みが混ざりあり、これまたたまらない味わいとなっています。ただ単にフルーティーで甘いだけではなく、後からくるこの複雑な味わいが次の一杯を誘う程よいうまさで、やみつきになりそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入。

小左衛門「責めじゃあーりませんか」(中島醸造)

DSC06568_2016121723394718f.jpg
銘柄:小左衛門「責めじゃあーりませんか」
製造:中島醸造
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々+雄町

小左衛門の限定酒。小左衛門といえば、いつもなら使う酒米や精米などによって色分けされたカラフルなラベルが大変綺麗な酒蔵ですが、この限定酒は裏ラベル?しかない、とてもシンプルで機械的な感じのお酒です。逆に小左衛門でこれは珍しいなと思って買ってみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな甘さを感じる吟醸香。飲んで見るとフルーティーな完熟メロンを彷彿させる甘い口当たりのお酒です。ほどよく甘く、あとから角の取れたまろやかな旨みがにじみ出てきて、その中にほんのり酸味と辛味と苦味が上手にバランスよく融合しているような感じです。何度も口にしていると馴染んで優しく口の中を覆いかぶせてくれるような心地よさのあるお酒でした。

リカーショップおおたけで購入

天領「カップ酒 上撰」(天領酒造)

DSC06571.jpg
銘柄:天領「カップ酒 上撰」
製造:天領酒造
種類:普通酒
酒米:ひだほまれ

おみやげでももらったカップ酒。以前飲んだ緑のラベルが佳撰で、赤いラベルが上撰とのこと。まぁ今の分類ではどちらも普通酒で、HP見ても詳しく書いていないが、そんな扱いなんでしょうか。

冷酒で飲ス、うまい!
さらりとしたひだほまれならではの上品なフルーティーなうまさ佳撰と似たり寄ったりな印象を受けます。しかしながら飲んだあとに感じる後味は上撰の方が印象が良いです。佳撰よりもこちらの方が雑味が薄れてどちらかと言えば飲みやすいかなって印象を受けます。重さを感じない淡麗な感じで飲みやすいお酒でした。

鷹の夢「Concept No.770 むーんれいかー」(山盛酒造)

DSC06569.jpg
銘柄:鷹の夢「Concept No.770 むーんれいかー」
製造:山盛酒造
種類:純米
酒米:不明

山盛酒造の定番酒から少し外れたコンセプトを持つシリーズの一つ。770は7号酵母で低精米70%を意味し、高精米でフルーティーな味わいが好まれるお酒と一線を画すコンセプトで作られています。ムーンレイカーは「馬鹿者」を意味すると思うが詳細は不明です。

冷酒で飲ス、うまい!
香りはしっとり麹の香りのする飴色のお酒です。飲んで見るとねっとりとした濃厚な味わいが口の中に広がってきます。酸味の効いたどっしりとした濃厚な味わいで、最初の一口目はちょっと飲みにくいかなって印象を受けます。飲んできてだんだん口の中に馴染んでくると、その濃厚な味の中に米の旨みが滲み出してきて、飲むほど美味しくいただけます。ただアルコール度が高いため、そのあたりまでくると結構酔ってきてしまうなかなか危険なお酒です。熱い鍋とともに美味しくいただけたお酒でした。

リカーショップオオタケで購入しました。

天領「カップ酒 佳撰」(天領酒造)

DSC06572.jpg
銘柄:天領「カップ酒 佳撰」
製造:天領酒造
種類:普通酒
酒米:ひだほまれ

おみやげにもらった天領のカップ酒。このお酒の情報があまりないので不明だが、多分ひだほまれを使った普通酒と思われる。

冷酒で飲ス、うまい!
香りはほんのり麹の香りの透明のお酒。飲んで見るとさらりとした上品な甘さのある口当たり。このスッキリしたフルーティーな感じはひだほまれならでは。そのあとはなんとも言えない米麹の味が出てくる感じでしょうか。後味はスッキリしておりフルーティーな辛口の味わいです。軽めの味わいのため、濃い味付けの料理と合わないかなと思ってましたが案外悪くなく、料理の後味を上手に洗い流して口の中をさっぱりさせてくれる感じで普段の晩酌の定番になりそうなお酒でした。

おみやげでもらったので不明。

秀鳳「純米吟醸 雄町 生原酒」(秀鳳酒造場)

DSC06430.jpg
銘柄:秀鳳「純米吟醸 雄町 生原酒」
製造:秀鳳酒造場
種類:純米吟醸
酒米:雄町

山形市内の比較的中心に近い街中に位置する創業120年ほどの秀鳳酒造場は山形の人気蔵の一つで、コンテストなどへの出品も積極的に行われたり「つや姫」を使ったお酒を作ったりするなど新しいことへのチャレンジもしていることで知られています。そんな蔵の純米吟醸雄町生原酒が売られていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな吟醸香。飲んで見るとふわっとした甘い口当たり。完熟林檎のような甘いジューシーな味わいの中にピリッとした刺激が感じられます。高アルコールの辛口な刺激ではなく、サイダーを飲んだ時みたいな炭酸の清涼感のある弾ける刺激です。はぁ甘いなぁと思っているとそこからじわりじわりと口の中に広がってくる米の旨みがなんとも言えず心地よい味わいです。この複雑な旨みの出かたが雄町的かなと思わせ、とても綺麗にそのうまさを引き立たせているように思えます。後味もそのまま口の中にトロっとした甘さを残しつつゆっくり消えて行く余韻が大変心地よいです。CPもよく万人ウケするお酒でした。

いしはら酒店で購入しました。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別