四天王「純米吟醸 いっこく」(甘強酒造)

DSC09425.jpg
銘柄:四天王「純米吟醸 いっこく」
製造:甘強酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

ここ最近暖かい日が続いていましたが、この日は生憎の雨で気温も低め。料理も少し濃い熱めの魚料理でしたので、このお酒をチョイスしてみました。

常温で飲ス、うまい!
香りはしっとり麹の香りの透明のお酒。飲んでみると複雑で濃厚な味わいのお酒。酸味が強く少し辛口で米のどっしりとした味わいは昔ながらの素朴な日本酒の味わい。ねっとりとまとわりつき口の中にしつこく残る味は濃厚な味付けの料理と相性は抜群。料理の味に負けることなくお酒を飲んでいるなって気分に十分にさせてくれます。冷酒だと雑味が強く感じられるので常温など少し温度が上がってきた方が全体的にまろやかになり、米の味わいもはっきりしてきて美味しく頂けたお酒でした。

覚王山フランテで購入
スポンサーサイト

七本槍「純米 シェリー樽熟成2013」(冨田酒造)

DSC09573.jpg
銘柄:七本槍「純米 シェリー樽熟成2013」
製造:冨田酒造
種類:純米
酒米:不明

不思議な色の日本酒が売っていたので購入。七本槍も古酒の分野を作られているのを初めて知ったお酒でした。ラベルからは2013年に醸造されたものと思われるので3〜4年熟成したものと思われます。おそらく常温保存で熟成したんでしょうが、この辺りは岐阜の達磨正宗が力を入れている分野で、最近ではちらほら古酒に力を入れる蔵が出てきているようです。確かに寝かすことで変わった味を堪能できるのは面白いと言えます。

常温で飲ス、うまい!
香りは麹の甘い香りのする琥珀色のお酒です。飲んでみると酸味の強い柑橘類系を彷彿させる口当たりです。濃厚でまろやかで若干甘ったるいところが超熟成されているようだと思わずに入られません。最後まで酸味の効いた濃厚な辛口って感じで飲めます。日本酒っていうよりブランデーに近い雰囲気がありますが、達磨正宗の3年熟成に比べるとさっぱりしているかなって思います。グラスに注いだ琥珀色の香りの強いお酒は料理も洋風な感じで揃えても違和感なく溶け込んでしまえるお酒でした。

リカーショップオオタケ

作「奏乃智」(清水清三郎商店)

DSC09367.jpg
銘柄:作「奏乃智」
製造:清水清三郎商店
種類:純米吟醸
酒米:不明

去年開催されたサミットで振る舞われたお酒の一つ「作」はもともと全国的に有名な銘柄の一つでしたが、これでさらにメジャーになってしまいました。なかなか手に入らない状況になりそうですが、そんなところから出てきたお酒が奏乃智(かなでのとも)です。それを見かけたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり甘い吟醸香。飲んでみるとフルーティーで硬さのある口当たり。キリっとした刺激の中に甘い米の旨味がでてくる感じでしょうか。メロンの果汁のような甘さを感じたあとでスカッと切れ爽やかな口の中になるため、また次の一口を飲んでみたくなってしまう、飲みやすい印象を受けます。甘さの中に隠れた苦さや酸味のきいた味わいも、最後の辛口できっちり締めてくれ、繊細な料理の味を壊すことなく美味しくいただけるお酒でした。

酒のいしはらで購入。

陸奥八仙「特別純米」(八戸酒造)

DSC08707.jpg
銘柄:陸奥八仙「特別純米」
製造:八戸酒造
種類:純米
酒米:まっしぐら

たまたま酒チェーン店で仕入れたのを見かけたので購入してみたお酒です。公式HPでは名古屋周辺ではあまり取り扱うお店が無いみたいですが、そんなお酒がなぜ量販店で?って思っての購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり香る麹の香りです。飲んでみると少し辛口で刺激のある口当たり。その後から口の中に広がる米のしっとりとした旨味と酸味が絶妙なバランスできます。うまいなぁと味わって来ると少し苦味が滲みでてきてサラリと薄れている感じです。次に飲むとまたさらに旨味が強調されどんどん進んでしまいます。少し温度が常温に近づくとマイルドで旨味に甘さが乗っかってきて、こちらの方が好みかな。どこか主張の控えめな落ち着いた旨味ですが、程よい濃厚さを感じ、それが後を引かずにさらっと消えて行くためか飲みやすく、いつまでも飲めてしまえそうなお酒でした。

酒のすぎたで購入。

志太泉「純米吟醸 藤枝 誉富士」(志太泉酒造)

DSC09018.jpg
銘柄:志太泉「純米吟醸 藤枝 誉富士」
製造:志太泉酒造
種類:純米吟醸
酒米:誉富士

静岡県の真ん中あたりに位置する藤枝市はサッカーが盛んでお茶どころでもあると、静岡の王道を走る町の一つです。藤枝市内には全国的にも知名度の高い蔵を含め4つの酒蔵があり、そのうち地産地消に重きを置く蔵の一つが志太泉酒造です。誉富士を使ったお酒に興味があり購入。米、水、酵母すべてが藤枝市内で完結しているまさに地酒と言える存在のお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり香る吟醸香。飲んでみるとスッキリした甘いフルーティーな口当たり。飲んでいるとだんだんと滲んでくる苦味と辛味のバランスが絶妙。少し熟成したまろやかで優しいタッチと舌をさらりと滑り落ちて行くかのような舌触りがなんとも言えず心地よいです。誉富士のお酒に良くある開栓時のセメダイン的な刺激はこのお酒からはあまり感じません。そして誉富士のお酒は開栓2日目以降が味が落ち着いて旨みがでてくる印象が強かったですが、このお酒は初日と比べて2目の変化は比較的穏やかな印象です。そうは言ってもやっぱり落ち着いた旨さになってきて大変美味しく何度も飲めてしまえる状態になり、心地よい余韻に浸れるお酒でした。

まるなか大橋商店で購入。

國香「特別純米 おりがらみ中汲み無濾過生原」 (國香酒造)

DSC08224.jpg
銘柄:國香「特別純米 おりがらみ中汲み無濾過生原」
製造:國香酒造
種類:純米
酒米:山田錦+五百万石

静岡の袋井市にある200石ほどの小さな酒蔵。200年ほどの歴史を持ち、現在は蔵元が酒造りをされている自家醸造を行なっているところです。飲んだことがない銘柄だなっと思って購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香はフレッシュな麹の香がプンプンする、おりの混ざった透明のお酒。飲んで見るとみずみずしいメロンのようなジューシーな甘さを感じる口当たり。フレッシュさを感じながらも、そこまでとんがった感じではなく、落ち着いた濃厚な甘さが大変優しいタッチです。舌に広がるなかなか濃厚な米の甘い旨味を堪能していると、その後から微発泡のちょっとした刺激が清涼感を感じさせ、さらっと口の中をドライにして消えて行きます。この始めの旨さとキレの良さが抜群でくどさを感じないためどんどん飲めてしまえます。ついつい飲みやすくて飲んでしまうと、後から一気に酔いが回って心地よくなって来る大変美味しいお酒でした。

まるなか大橋商店で購入。

初亀「本醸造 荒ばしり」(初亀醸造)

DSC09016.jpg
銘柄:初亀「本醸造 荒ばしり」
製造:初亀醸造
種類:本醸造
酒米:山田錦+雄山錦

1636年創業の古い歴史を持つ初亀醸造。使う酒米も決まったところのものを使うなどこだわりのあるお酒を作る一方で過去には全国に先駆け高額なお酒を販売したりと奇抜なこともおこなったりしていたようです。そんななかで荒ばしりが売っていたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い吟醸香の薄濁りのお酒です。飲んでみると甘いフルーティーな口当たり。ジューシーでさらりとしたメロンのような甘さで、その中に少しおりの刺激というか微炭酸の刺激みたいなものがあって清涼感を感じます。微炭酸メロンのような感じでしょうか。その後にくる少し辛口の喉越しが全てを洗い流してくれるためくどさを感じません。大変飲みやすく美味しくいただけたお酒でした。

まるなか大橋商店で購入。

福寿「純米吟醸」(神戸酒心館)

DSC08716.jpg
銘柄:福寿「純米吟醸」
製造:神戸酒心館
種類:純米吟醸
酒米:不明

このお酒はノーベル賞の際振る舞われたお酒として一躍有名となったお酒です。1751年創業のこの蔵は灘五郷にあり、近くにはナショナルブランドとして有名どころの白鶴や剣菱、菊正宗がある酒どころ。六甲の水と兵庫県産米を用いて昔ながらの製法で今でも酒造りを営んでいるとのこと。そんなお酒が売っていたのでミーハーなので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香り。飲んでみると最初は柔らかい口当たり。雑味のないフルーティーな甘い果実のようなジューシーな旨みが口の中に広がって来ます。甘いなぁと思って何度も飲んでいると次第に甘さの中に少し苦さがでてきて喉越しもドライな辛口になって来ます。甘さとほろ苦さが混在している感じは、ホームページの紹介にもあるように熟した桃みたいな甘みと苦味の混ざり合った複雑な味わいです。複雑な旨みを堪能でき、色々な料理と組み合わせても美味しくいただけそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別