山車「生貯蔵酒 花酵母造り」(原田酒造場)

DSC00261.jpg
銘柄:山車「生貯蔵酒 花酵母造り」
製造:原田酒造場
種類:本醸造
酒米:不明

高山にある原田酒造は花酵母に力を入れている蔵のひとつです。この生貯蔵酒はなでしこの花からとれた酵母から作られたお酒で、生と花酵母の組み合わせをあまり見かけないなと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りの透明のお酒。飲んでみるとフルーティーで軽やかな甘さとピリッとした辛さを感じます。キンキンに冷えていると辛い刺激が結構目立ちますが、少し温度を上げて常温手前くらいになるとピリッとした刺激が柔らかくなり、酸味のある甘さがでてきてよりフルーティーな感じというか、梅酒みたいな甘さのような旨味がしっかりと堪能できる味になってきます。思っているよりもしっかりとした深い味わいで、意外と肉料理とか濃いめの味付けの料理でも負けないかなっと思ったお酒でした。

牧歌の里で購入
スポンサーサイト

雪男「にごり生酒 発泡純米酒」(青木酒造)

DSC01324.jpg
銘柄:雪男「にごり生酒 発泡純米酒」
製造:青木酒造
種類:純米
酒米:不明

白い雪男が直接あしらわれた綺麗な瓶が特徴のお酒。雪男で綺麗っていう不思議な雰囲気のお酒は中身も活性にごりと変態仕様。そんなお酒に興味でたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!
開栓と同時に吹き出す米汁・・・・個体によって差があるようですが僕のは吹き出しました(笑。香りは無臭に近い香りの発泡にごり酒です。飲んでみると酸味の少しある辛口の炭酸酒といったところでしょうか。米の甘さや旨さが結構薄味でスッキリしており、酸味の効いた辛口って表現したらよいか?ウィルキンソンの炭酸水に少しお酒の酸味を混ぜた感じかな。この独特の刺激はなかなか快感で発泡清酒って感じはします。炭酸が抜けると味の薄い日本酒って印象ですかね。アルコール度が11度と少し低めで飲みやすく、炭酸がしっかりと効いているうちに飲んだ方が良さそうです。食前酒や前菜、メインは魚の料理に合わせてワイングラスで飲むのが合ってそうなお酒でした。

吹上の青木酒店で購入。

元文「花酵母 月下美人 特別純米」(原酒造)

DSC00262.jpg
銘柄:元文「花酵母 月下美人 特別純米」
製造:原酒造
種類:純米
酒米:秋田酒こまち

花酵母を全面に押し出している郡上の原酒造。以前はなでしこやアベリア、ひまわりなど試行錯誤しながら酒造りを行っていましたが、最近は花酵母の桜と菊と月下美人を用いたお酒をよく目にします。月下美人の純米酒が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香りの飴色のお酒です。飲んでみると結構パンチの効いた米麹のしっとりとした口当たり。酸味がほどよく効き、米の膨よかな旨味が出ているなぁと思っていると口の中に少し重めの辛口な刺激が広がって来る感じでしょうか。最後まで結構しっかりとした酸味がでてて花酵母の華やかなイメージというよりはしっかりとした濃厚な味わいといったところです。少し濃いめの料理と相性が良さそうで、ステーキとかの肉料理に合わせると肉の味に負けず酸で油を流してくれるようなお酒でした。

牧歌の里で購入。

阿櫻「もぎたてりんごちゃん 特別純米生原酒」(阿桜酒造)

DSC01025.jpg
銘柄:阿櫻「もぎたてりんごちゃん 特別純米生原酒」
製造:阿桜酒造
種類:純米
酒米:秋田酒こまち

非常に可愛らしいラベルで最初はなんだ?って思うお酒があったので購入。りんごちゃんって書いてあるから日本酒ではなくりんご系のお酒かと思ったら普通に純米酒だった。ただし生原酒ながら低アルコールのお酒なんだそうです。

冷酒で飲ス、うまい!
香りはしっとり甘い麹の香りの少し飴色のお酒です。飲んでみると最初に口の中に広がってくる味わいは青リンゴのさっぱりしたフルーティーな甘さです。その後から少し遅れてフレッシュな米の旨味がでてきて、最後にほんのり完熟りんごのような渋い苦味がでて締める感じでしょうか。低アルコールのためか刺激も少なく優しいタッチで大変飲みやすいお酒の印象です。全体的にさっぱりした味わいですが、軽さはそこまでではなく、しっかりと米の旨味が堪能でき、見た目どおり美味しくいただけたお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。

金鼓「濁酒」(大倉本家)

DSC01326.jpg
銘柄:金鼓「濁酒」
製造:大倉本家
種類:純米
酒米:朝日

店がリニューアルして綺麗になった酒屋さんに立ち寄って、気になり購入してみたお酒。生の濁り酒ですが便の中身をよく見てみると濁りっていうか、ほぼ米の原型を保った状態のものが沈殿しているという見た目が不思議なお酒。飲むというよりお粥を食べている感じになるんじゃないかなって少し不安になった。あと製造年月日あまり見なかったので後から26BYであることに気がついた。開栓注意とあったが特に問題なく開けられたのでとりあえず安心。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは麹の香り漂う甘酒チックな香り。飲んでみると甘酒のような米の甘さと微発泡なのに強炭酸のような清涼感のある強い刺激が同時に舌に広がって来ます。その後から酸味と苦味の混ざり合ったヨーグルトにも似た旨味がじわりじわりと感じられますが微発泡の強い刺激が終始顔を出してそちらが気になってしまう感じでしょうか。米のつぶつぶはほとんど気にならず普通に液体を飲んでいる感じに近く飲み口は心配するほど問題なく、こってりした濃厚な味を楽しめるお酒でした。

青木酒店で購入。以前は古いコンビニちっくなお店でしたが、いつのまにかバーみたいなおしゃれなお店に変わっていて驚いた。

三芳菊「ワイルドサイド 責めブレンド 無濾過生原酒 残骸2」(三芳菊酒造)

DSC01027.jpg
銘柄:三芳菊「ワイルドサイド 責めブレンド 無濾過生原酒 残骸2」
製造:三芳菊酒造
種類:純米
酒米:山田錦、雄町、五百万石

もともとこだわりのあるお酒を作られている三芳菊ですが、最近はラベルを見てもかなり特徴的なものが多く、どれもどんな味なのか予測不可能なところであります。このお酒もラベルの名前もですが絵もアニメ調で可愛らしいがややグロテスクなもの。飲むお酒に残骸って名付けるセンス。そして山田錦と雄町と五百万石のブレンドで作ったとなんとも不思議なコンセプト全開のお酒っぽいです。アニメの街として売り出している徳島っぽいといえばそれまでですが、一般の人だと手が出しにくそうな雰囲気ですが、面白そうだったので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな吟醸香の飴色のお酒。飲んでみると少し刺激のある舌触り。濃厚でメロン果汁を彷彿させる甘い甘いトロッとした旨味が口の中全体に広がってきて、その後で辛い刺激を感じます。いつまでも口の中に残る甘く濃厚な味わいが大変心地よく、そのまま甘さを残して口の中から薄れていく感じで美味しいです。何度飲んでも濃厚でとろっとろな甘い旨味がたまらないお酒で個性の強いお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。そういえば三芳菊を愛知県でみるの初めてかな。徳島のお酒を県内でみることが稀だな。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別