睦鳥「黒米酒」 (松井屋酒造場)

DSC01564.jpg
銘柄:睦鳥「黒米酒」
製造:松井屋酒造場
種類:普通酒
酒米:黒米

酒蔵見学をすると他の蔵と違い博物館のように古いものが展示されている松井屋酒造場。使う道具も古いなって思っていたら現役だったりするものもあり、昔ながらの製法で作られているのがよくわかります。そんななかでも古いだけでなく、使うコメも古代米を使っているという一風変わったお酒も作られており、黒米を使った純米酒(等外米なので普通酒扱い?)が売っていたので購入してみました。ちなみに以前も飲んだものでは赤米酒なんてお酒もあります。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い麹の香り漂うロゼワインのようなピンクの色のお酒です。飲んで見ると酸味の効いた甘い梅酒のような口当たり。清涼感のあるさっぱりとした甘酸っぱい味わいの中で、さらりとしたあっさりとした米の旨味が出ている感じです。赤米酒の時と同様でフルーティーな日本酒や濃厚な日本酒とは全く違う、少し変わった甘酸っぱい感じ(と表現していいのか?)ですがこれはこれで美味しいなと思えるお酒でした。

松井屋酒造場で購入。赤米酒と同様やや高め設定なので普段飲みではなくお土産向けと言えるかも。
スポンサーサイト

新政「Colors エクリュ」 (新政酒造)

DSC01121.jpg
銘柄:新政「Colors エクリュ」
製造:新政酒造
種類:純米
酒米:酒こまち

新政のスタンダートのお酒のエクリュ。人気があるのかなかなか手に入りにくいと酒屋で言っておりましたが、たまたま見かけたので前から興味があったので購入してみました。このお酒の造りは6号酵母・秋田県産100%・純米造り・生酛の自然乳酸・一切の副原料無しってのがモットーのようだ。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり香る甘い吟醸香。飲んで見ると微炭酸のちょっとした刺激のある味わいがきてちょっと驚いた。程よい酸味と米の透明感のある旨味、その陰に隠れてちらほらでてくる苦味のバランスが何とも言えぬうまさになっています。しっとりとした旨味のはずですが微炭酸で口の中に爽快感を与えてくれ、すっきりとした喉越しで飲みやすく何度でも飲めてしまえるお酒でした。

知多繁で購入

雁木「純米 無濾過生原酒 槽出あらばしり」(八百新酒造)

DSC01120.jpg
銘柄:雁木「純米 無濾過生原酒 槽出あらばしり」
製造:八百新酒造
種類:純米
酒米:山田錦

久しぶりに見た雁木のラベル。以前岩国に行った時に買って美味しかったので、名古屋で見かけるとは思いませんでしたが、久しぶりに訪れた酒屋さんで見かけたので速攻購入。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘くフレッシュな吟醸香。飲んで見るとピリッとした刺激のある口当たり。口に入れた後からまったりとしたフレッシュで酸味と甘みがあるトロッとした粘度の舌触りで広がって来る感じでしょうか。口の中に少し強めの米の旨味が感じられ、フレッシュさと濃厚さと辛さと甘さと色々複雑に感じられるお酒です。ただその複雑さも決して飲みにくいわけではなく、激しく混ざり合うも最後は酸味のある甘い旨味に到達し、そのまま口の中にしばらく余韻として残る感じです。この絶妙な舌触りで飲んでいて大変心地よく感じるお酒でした。

知多繁で購入。久しぶりに行ったら雁木が数種類置いてありびっくり。少し前に他の方のコメントに、愛知では山口のお酒はあまり手に入らないって書いたばかりでしたが、探すとあるもんですね。少なくとも自分がよく行く数件の酒屋さんのラインナップを合わせると、獺祭、日下無双、五橋、雁木はあるようです。どれもうまいから文句なし。

天の戸「夏のランドオブウォーター(生)」(浅舞酒造)

DSC00912.jpg
銘柄:天の戸「夏のランドオブウォーター(生)」
製造:浅舞酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

蔵の湧き水琵琶沼寒泉をイメージして、美稲の生まれたての生酒らしいが、こちらは純米吟醸なのでどこが共通点かはわかりませんでしたが、天の戸は個人的に好みの味が多いので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香り漂う透明のお酒。飲んでみると少し刺激のある清涼感を感じるさっぱりとしたフルーティーな口当たり。口の中にさらりと流れ込んでくるスッキリした味わいは暑い夏にさらっと飲むのにちょうど良さそう。そんなに強くはないですが最後にさらっと感じる刺激で締めてくれます。何度か飲んでいるとじわりじわりと口の中に甘くてしっとりとした優しいタッチの旨味がにじみ出て来ます。スッキリした爽やかなお酒だなと思って飲んでいるとだんだんこのお酒のうまさが引き立って来てついつい引き込まれそうになるお酒でした。

いしはら酒店で購入。

かたふね「純米原酒壱回火入れ」(竹田酒造)

DSC00913.jpg
銘柄:かたふね「純米原酒壱回火入れ」
製造:竹田酒造
種類:純米
酒米:こし淡麗+こしいぶき

5月から7月限定で販売される純米の原酒。いつのまにからラインナップが充実していて色々なお酒が飲めるようになった(知らないだけだったのかもだが)竹田酒造のかたふねですが、初夏限定の原酒を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒。飲んでみると濃厚でコクのある旨味がしっかりと出ている口当たり。あとから口に広がる米の旨味が濃縮された甘くトロッとした舌触りがたまりません。原酒でアルコール度が17度と少し高いため最後に少し辛さも感じますが全体的には濃醇で米の旨味をしっかりと感じられるお酒です。新潟のお酒に多い淡麗辛口ではなく芳醇旨口なお酒で、酒の特徴として初夏の冷たい料理に合わせて飲めるようにとなっていますが、個人的には肉汁滴るステーキと一緒に飲んでも負けなさそうなしっかりとした味わいかなと思ったお酒でした。

いしはら酒店で購入。

鳴門鯛「純米酒」(本家松浦酒造場)

DSC00476.jpg
銘柄:鳴門鯛「純米酒」
製造:本家松浦酒造場
種類:純米
酒米:不明

リカーマウンテンで見かけた鳴門鯛の純米酒。以前見たものとラベルが違うなと思ったが、レギュラーではないのか乗ってないお酒。定番な純米酒ながら情報が少なく、どうしようかと思ったが久しぶりに鳴門鯛飲んでみたくなったので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い吟醸香のような香りの飴色のお酒。飲んでみるとほどよく熟成された落ち着いた味わい。少し軽めで爽やかなフルーティーな甘さとちょっとした辛さ、米のふんわりした旨味がうまくバランスをとっているような感じです。程よく旨味が乗っているなと思っているとさらっとした後味、軽くはないが重くもない、この時期に程よい味わいです。料理の味を十分に引き立たせてくれるような、そして何度も飲めてしまえるようなうまいお酒でした。

リカーマウンテンで購入。レギュラーかは不明なのでもしかするとリカマン限定だったりして。違ったら教えてください。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別