宮の雪「淡麗純米 生貯蔵酒」(宮﨑本店)

DSC03636.jpg
銘柄:宮の雪「淡麗純米 生貯蔵酒」
製造:宮﨑本店
種類:純米
酒米:不明

貰い物。宮の雪自体は名古屋市内でも結構見かける銘柄ですが純米となると途端に見かける機会がなくなる宮の雪。貰い物ですが純米の生貯蔵酒をもらったので飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは少し麹の香りが漂う程度の無臭に近い透明なお酒です。飲んでみると淡麗とかいてあるだけあってとても爽やかでスッキリとした軽やかな味わい。軽いなぁっと思っていたらそのまま水のごとく薄れていく感じです。純米ながらもとても軽い感じはまさに淡麗辛口。もう少し癖があってもいいかなと思ったお酒でした。

貰い物。
スポンサーサイト

三笑楽「ひやおろし 純米酒」(三笑楽酒造)

DSC03552.jpg
銘柄:三笑楽「ひやおろし 純米酒」
製造:三笑楽酒造
種類:純米
酒米:不明

富山県は石川県と新潟県に挟まれた北陸の町で,石川の能登杜氏と新潟の越後杜氏が混在する土地柄なんだそうです.淡麗辛口系の越後杜氏,濃醇系の能登杜氏の流派がバラバラのため同じ地域でも酒質ががらりと変わるみたいです.そんななか世界遺産の五箇山に構える三笑楽酒造は能登系の濃醇な酒質に得意とする山廃仕込みで,寒い雪国ならではのどっしりとした濃厚な味わいが特徴の酒蔵の一つです.そのひやおろしがしっかりとした味わいでおいしいよと勧められ購入してみました.

冷酒で飲ス,うまい!!
香りは米麹の香り漂う飴色のお酒です.飲んでみるとピリピリとした刺激の口当たり.口の中にすぐに広がる濃厚で熟した酸味が良く効いた味わいが広がってきます.さっぱりとした酸味かなって思っているとガツンと来る濃厚な刺激で引き戻される感じでしょうか.アルコール度が少し高めのためか刺激も強く口の中はカラっからになってしまいます.重厚感のある米の旨味と少し強めの酸味のバランスが良く,キレが良いため飲みやすいが濃厚なお酒を飲んでいるなって気にさせてくれるお酒でした.

エスポアなかやすで購入しました.富山県のお酒の取り扱いは多くて楽しめた.

満寿泉「純米酒」(桝田酒造)

DSC03471.jpg
銘柄:満寿泉「純米酒」
製造:桝田酒造
種類:純米
酒米:非公開

富山へ旅行に行った際、たまたま立ち寄った酒屋さんで購入したお酒。満寿泉といえば吟醸系で知られ、何度か飲んで綺麗で甘いフルーティーなお酒って印象ですが、普通に濁りのない純米酒だとどんな味なんだろうって思い購入してみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香りの透明なお酒です。飲んでみると日本酒らしい、米のしっとりとした甘い旨味を感じる口当たり。米の旨味がしっかりと感じられ、結構重厚感のある辛口な刺激と深みのある旨味の混ざり合ったような味わいです。いつまでも口の中に感じる複雑な旨味がたまらず、日本酒飲んでいるなって気にさせてくれます。これまでは満寿泉といえば綺麗なお酒って印象が強かったですが、しっかりとした米の旨味を感じられるお酒も作られており、シンプルにうまいお酒でした。

エスポアなかやすで購入。コスパ良いお酒です。

大倉「特別純米 無濾過生原酒 本生」(大倉本家)

DSC02910.jpg
銘柄:大倉「特別純米 無濾過生原酒 本生」
製造:大倉本家
種類:純米
酒米:オオセト

奈良県でも大阪寄りに位置する香芝市に構える大倉本家。「金鼓」の銘柄で知られ、伝統的な酒造り「水もと」(だったかな)で作られている珍しい蔵としても知られています。お神酒などを造る濁酒の免許を持つ全国で2つしかない(らしい)蔵の一つで、「濁酒」の銘柄で販売しており(以前の濁酒)、他に限定流通で純米限定の「大倉」の銘柄のお酒も作られています。今回は大倉の中で、オオセトなる初耳の米で作られているお酒が売っていたので購入してみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の甘い香りの飴色のお酒です。飲んでみると少しピリ辛でねっとりとした口当たり。米の甘く旨味の凝縮した味がトロッとした舌触りで口の中に広がってくるので、いつまでも旨味を堪能できる感じでしょうか。常温くらいまで暖かくなるとピリ辛な刺激が薄れ、濃厚な甘さで下に絡みつき、これがまた病みつきになりそうなうまさです。濃醇なうまさを堪能でき、心も体もポカポカになりそうなお酒でした。

名古屋市内の青木酒店で購入。息子さんがリニューアルされ酒屋とは思えぬオシャレな風貌のお店になってますが、店主は変わらず安心できるお店でした。

英君「特別純米誉富士」(英君酒造)

DSC02653_201709042308151c8.jpg
銘柄:英君「特別純米誉富士」
製造:英君酒造
種類:純米
酒米:誉富士

静岡の由比に構える英君酒造は明治14年開業と130年以上の歴史を持つ蔵です。由比といえば東海道の親知らず、アキレス腱とも呼ばれる難所として知られ、東名、JR、国1はほぼ同じ場所を通るため度々通行止めなどで困ることも多々あったところです。現在は新幹線も新東名も難所を避けているため以前ほどのことはなくなったようです。英君飲むの久しぶりだなぁって思っていたら、ブログ初だったので、ブログ始める前の記憶かな。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘さを感じる麹の香りです。飲んでみるとトロッとした優しい口当たりで口の中にするりと入ってきます。少し辛口な刺激があるなと思っていると、舌に絡みつく米の旨味がジワリと出てくる感じでしょうか。ほんのり甘くふくらみのあるような優しいタッチで、口の中に米の甘い旨味が広がってくる感じ。フルーティーな感じではなく、あくまでも米のふっくらした甘さで日本酒飲んでいるなって忘れないところがいいです。誉富士と静岡酵母NEW5の組み合わせは前回飲んだ白隠正宗と同じような内容ですが、味わいは本当に同じ材料なのかと疑ってしまうほど別物で、英君はふっくらとした旨味でこれまた美味しくいただけたお酒でした。

エスパルスドリームプラザ内にある篠田商店で購入しました。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別