喜楽長「滋賀渡船 生原酒 特別純米」 (喜多酒造)

DSC01396.jpg
銘柄:喜楽長「滋賀渡船 生原酒 特別純米」
製造:喜多酒造
種類:純米
酒米:渡船6号

東近江市にある喜多酒造は愛知県でも結構見かけるお酒のためか飲むのは3年ぶりと結構久しぶり。そして使う酒米が生産者泣かせの滋賀渡船6号の生原酒が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んで見ると少し刺激の強い口当たり。原酒で少しアルコールドが高いため刺激が結構感じられます。飲んでいると酸味の効いた清涼感のある旨みがにじみ出てきます。若干の苦味が出てくると、その後からガツンとくる深い旨みがたまらない美味しさです。この旨みと酸味のバランスが絶妙で、重さを十分感じるのに夏でもしつこくない重さなのは、程よい酸味があるからでしょうか。季節問わず飲みたい一本です。

ひろせ屋酒店で購入。山奥にある国道沿いの酒屋です。
スポンサーサイト

美丈夫「特別純米」(濱川商店)

DSC01219.jpg
銘柄:美丈夫「特別純米」
製造:濱川商店
種類:純米
酒米:松山三井

綺麗なラベルが多い美丈夫の特別純米を飲んでみました。使っている米は松山三井っていう愛媛でしか作られていないらしい米で、元々は飯米だったものが酒米として使われるようになったそうな。大粒でタンパク質が少なく削りやすいことから酒造りに最適な性格を持っているとのことです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとりと香る麹の飴色のお酒です。飲んでみると少し酸味の聴いた爽やかな口当たり。少しドライでピリッとした刺激はありますが、全体的にはしっとりとした優しい酒質。さらりとした柔らかくスッキリした味の中に、綺麗な米の旨みが感じられます。艶やかで透明感のある綺麗な旨みがしっとりと口の中に広がってきて、とても心地よい味わいです。軽すぎず、重すぎず、それで旨みもしっかりと感じられ、堪能してくると自然に消えていく、なんともシンプルに日本酒の旨さを感じさせてくれます。松井三井で作られるお酒は全体的に上品な味わいになるのかなぁ。暑い夏でも重くならずに米の旨みが十分に堪能できたお酒でした。

覚王山フランテで購入。相変わらずスーパーなのに酒類の取り扱いがなかなか良いです。

米宗「純米吟醸 完全発酵」(青木酒造)

DSC01214.jpg
銘柄:米宗「純米吟醸 完全発酵」
製造:青木酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

愛知県の西側に位置する愛西市は酒蔵が意外に多く、県内では酒どころの一つといえるかもしれません。そんななかで流行にとらわれずしっかりとした味わいのお酒を作っている青木酒造の米宗。山廃系のしっかりとした味わいを多く作ってますが、速醸系のお酒であっても山廃のごとくしっかりとした味わいのお酒を作ることで知られています。そんななんかでスペックは良くわかりませんが完全発酵ってラベルが貼ってあるお酒が売っていたので購入してみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはしっかりとした米麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみると吟醸とは思えぬ濃厚でしっかりとした濃厚な米の旨みがにじみ出る口当たりです。酸味の強い刺激と、その後から来る熟成した艶やかな米の旨みがなかなかしっかりとした味わいになっていてなかなか良いです。美山錦のお酒はスッキリ系のお酒が多いイメージでしたが、このお酒はしっかりとした味わいが堪能できる芳醇系のお酒ですね。ただ何度も飲んでいると野太い味わいの中に、上品で艶やかな米の旨みが感じられるとやっぱり美山錦を使っているんだなと意識せざるを得ません。愛知のお酒らしく、夏だろうと関係なくしっかりとした旨みのお酒を堪能したい人にはもってこいの旨みのお酒でした。

酒のすぎたで購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別