FC2ブログ

志太泉「純米生原酒 山田錦」(志太泉酒造)

DSC06304.jpg
銘柄:志太泉「純米生原酒 山田錦」
製造:志太泉酒造
種類:純米
酒米:山田錦

藤枝市にある志太泉酒造は県内メインで販売している酒蔵のため愛知県ではあまり見かけませんが、静岡にお出かけした時に見かけ購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはちょっぴり甘めの吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとするりと口の中に入り込んでくる滑らかな口当たり。最初は水のごとくさらりとした軽い印象を受けますが、口の中にだんだんと蓄積してくると、米のふっくらとした旨みと柑橘系の酸味、軽やかな甘さがだんだんと感じられるようになってきます。苦味などはあまり感じられず、上甘さと旨み、酸のバランスがとても上品にまとめられて最後に少しピリッとした辛口で締める、原酒ながらも飲みやすい印象を受けるお酒です。少し温度を上げて常温くらいにして飲んでみると酸と旨みが強くでてきて、結構旨口なお酒になります。好みで飲む温度を変えると面白いかも。単品で飲んでも甘くて飲みやすく万人ウケしそうなお酒でした。

まるなか大橋商店で購入。
スポンサーサイト



御日待家「吟醸生酒」(土井酒造場)

DSC06306.jpg
銘柄:御日待家「吟醸生酒」
製造:土井酒造場
種類:吟醸
酒米:山田錦+フクヒカリ

開運で有名な土井酒造場のお酒で、ダンサーの田中泯氏のプロデュース酒として売られているものです。田中泯氏がかつて自身の田で作られていたフクヒカリをしようした吟醸生酒とのことです。

冷酒で飲ス、うまい!!
最初に冷酒で飲んでみると最初に少し苦味の強い口当たりを感じます。キレがあるため軽快感を感じる味わいなのですが、セメダイン臭の強い刺激が残ってしまうため第一印象は少し飲みにくいです。アルコール度が高く刺激が強いなぁと思いながらちびちび飲んで少し馴染んでくると段々と飲みにくさがマイルドになってきて、刺激の中に感じる酸味の効いた清涼感と米の旨みが感じられるようになります。開栓2日目以降になるとセメダイン臭の強い刺激は少し柔らかになり、アルコールの刺激を感じながらも原酒のしっかりとした米の旨みが強調されるようになり、これがまた心地よい旨みで個人的にストライクです。繊細な味わいの料理よりもしっかりとした味付けの料理と相性が良さそうなお酒でした。

まるなか大橋商店で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別