FC2ブログ

酔鯨「純米酒 八反錦 60%」(酔鯨酒造)

DSC06836.jpg
銘柄:酔鯨「純米酒 八反錦 60%」
製造:酔鯨酒造
種類:純米
酒米:八反錦

高知県はお酒の消費量が全国でもトップクラスの酒飲み県として知られています(高知県民の方ごめんなさい)。それはベク杯や皿鉢など食器にも酒飲みの文化が滲み出てくるほどで、淡麗辛口でさっぱりした味わいが大皿ででる海の幸との相性が良いことでも知られています。そんな高知県で全国的にも知名度のある酔鯨は明治5年創業で桂浜の近くで創業されています。銘柄にも使われているクジラの絵がラベルになっていて、見た目にも綺麗な純米酒を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒です。少し酸味のあるさっぱりしたドライな口当たり。トロッとしたコクのある旨みと辛味をすっきりとした味でまとめている感じです。複雑な米の旨みを感じさせつつ辛さや苦さを出して、最後に酸味を残しつつもクリアな喉越しスッキリしめるところが軽快さを感じさせてくれます。最初は少し飲みにくい印象でしたが馴染んでくると不思議とこの複雑さが癖になり、ドライな喉越しでさっぱりするためお酒とともに料理を美味しくいただけるようになってきます。飲めば飲むほど飲みやすく楽しくなってきてしまう、気をつけないと飲みすぎてしまいそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入。
スポンサーサイト

白老「千本錦 純米吟醸 生原酒」(澤田酒造)

DSC06682_2019041523062739c.jpg
銘柄:白老「千本錦 純米吟醸 生原酒」
製造:澤田酒造
種類:純米吟醸
酒米:千本錦

日本三大酒処の一つに数えられる広島県。その広島県で山田錦と中生新千本を交雑して作られた広島オリジナル酒米である千本錦を使って愛知の蔵が作ったお酒のしぼりたて生原酒が売っていたので購入してみました。ピンクのラベルが可愛らしくもあり綺麗でもありで第一印象も良好な感じです。

冷酒で飲ス、うまい!!
フルーティーな香り漂う少し褐色の透明なお酒です。飲んでみると爽やかな清涼感のある口当たり。メロン果汁のようなジューシーな甘さが口の中いっぱいに広がってきます。サラリとした滑らかな舌触りと甘い果汁の味わいに、奥行きのあるのに透明感のある旨みがとても心地よいお酒です。しぼりたての荒々しさはあまり感じず、上品で洗練されたふわりとした心地よさを感じます。これなら日本酒が苦手っていうような人でも美味しくいただけるフルーティーな甘いお酒でした。

酒のいしはらで購入。

一本義「春之純米酒 アラバシリ」(一本義久保本店)

DSC06504.jpg
銘柄:一本義「春之純米酒 アラバシリ」
製造:一本義久保本店
種類:純米
酒米:五百万石

一本義のある勝山市は福井市から永平寺を超えたところにあり、恐竜で有名な町として知られています。レトロでシンプルなラベルが綺麗な一本義は福井県内でも嶺北がメインで嶺南になるとたまに見かける程度(岐阜の郡上あたりでもたまに見かけますが)のお酒が名古屋のスーパーで売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな吟醸香の飴色のお酒です。澱は本当のちょっぴりある程度。飲んでみるとピリッとした辛さを感じる口当たり。フレッシュな刺激があらばしりらしいメリハリのあり、その後から広がるとろみのある柔らかい旨みがとても心地よい味わいです。このとろみのある旨みがメロン果汁を彷彿させるフルーティーな印象で、飲めば飲むほどこの深い旨みにハマって次から次へ飲んでしまえます。五百万石のお酒って淡麗なお酒が多い印象でしたが、このお酒の程よい旨みは良い意味で裏切られました。春の季節限定のお酒ですが、この旨みであれば少し味の濃い料理にも合わせれますし、フルーティーな味わいは繊細な料理とも合わせられ、年中楽しめそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入。スーパーとは思えぬ酒の揃えに毎回驚きます。

木曽三川「特別純米酒 無濾過生原酒」(内藤醸造)

DSC06506.jpg
銘柄:木曽三川「特別純米酒 無濾過生原酒」
製造:内藤醸造
種類:純米
酒米:夢山水

3月は忙しくてほとんどお酒が飲めず、PCも開くことさえままならない日が続いていましたが、4月になってなんとか飲める日が来たので、愛知県にある内藤醸造のお酒を飲んでみました。愛知県の稲沢市にある内藤醸造は地元の米を結構使って酒を作られている蔵です。その種類も結構色々でプリンセスギンコみたいな特殊なものまで揃えております。そんな蔵の純米酒、無濾過生原酒が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少しセメダイン臭の残る透明のお酒です。飲んでみるとピリッとする舌触りで酸味の効いたコクのある旨みを感じます。生原酒のピリピリした刺激と柑橘系の甘酸っぱさ、コクのある米の旨みが複雑に絡み合う濃いめの味のお酒です。飲んだ後に少しねっとりとした甘辛い旨みが口の中に結構長く残るので結構癖が強く感じますが、飲んで馴染んでくると不思議と癖を感じなくなり、甘酸っぱさがよりマイルドな甘さになり美味しく感じてくるから不思議です。比較的どっしりとした適度な重厚感のあるお酒で、鍋でも味の濃いものと相性が良さそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別