FC2ブログ

玉旭「PREMIUMシリーズ BLACK 純米吟醸 生酒」(玉旭酒造)

DSC07729.jpg
銘柄:玉旭「PREMIUMシリーズ BLACK 純米吟醸 生酒」
製造:玉旭酒造
種類:純米吟醸
酒米:雄山錦

以前飲んで美味しかった玉旭のお酒で、プレミアムシリーズのブラックラベルが結構人気があるとのことで購入してみました。ここの蔵は富山生まれの雄山錦を使ったお酒を結構作っていて、このお酒もそのうちの一つです。

香りは甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみると生酒のフルーティーな爽やかな口当たり。りんごの甘酸っぱい甘さと、その後から来る米の滑らかな旨味、ところどころ感じるピリ辛な刺激のバランスがよく、上品にまとまっている感じです。飲めば飲むほど米の旨味が蓄積していくような感じで、その中に辛さや苦さも感じられるのに、最後はあくまで爽やかなスッキリ感で締めてくれるのは雄山錦の特徴みたいですね。この味わいは結構幅広く料理に合わせられそうで、いろいろ試したくなります。複雑で深みのある旨味がたまらない美味しいお酒でした。

やまや富山県大久保店で購入。後からしりましたがやまやは全国に300店舗以上展開していて愛知県内でもいくつか展開しておりました。
スポンサーサイト



「サスケの一番しぼり 生原酒」(橘酒造)

DSC07334.jpg
銘柄:「サスケの一番しぼり 生原酒」
製造:橘酒造
種類:本醸造
酒米:不明

甲賀流忍術屋敷に立ち寄った時にリカーたちばな購入したお酒です。つい先日に某充電バイクの番組で取り上げられ、そう言えば昔立ち寄ったことがあったなと思い、甲賀流忍術屋敷に向かってみました。でお店にはいって目にしたのが年に一度の限定という謳い文句で置かれたこのお酒を購入してみました。しかしながら調べてみると橘酒造のデータがネットで調べてもほとんど無い。甲賀流忍術屋敷の隣にある烋酒館なる施設が橘酒造を改装して作られたみたいなことが書かれていましたがそちらもよくわからず。リカーたちばなで売っているところをみると同じ苗字なので関係がありそうですが結局よくわかりませんでした(知っている人がいたら教えてください)。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは麹の香りただよう飴色のお酒です。飲んでみるとピリッとした刺激の強い口当たり。酸味と苦味が最初に感じられ、ちょっと刺激が強いなと思っていると後から苦味の中から旨味がでてくる感じ。アルコール度が20度と高く、最初から最後まで辛口の刺激で締めてくれます。いつまでも濃厚な辛さがあるため口の中はカラカラになり、濃厚な味の料理に対してちびちびと飲むと良さそうで、肉汁が口の中に残った時に綺麗に口の中をリセットしてくれます。普通に飲んでいるとあっという間に酔いが回ってきてしまいました。冷酒かロックでと書かれていましたが個人的には常温くらいが一番飲みやすく、冬に飲めば体が一気にポカポカになるお酒でした。

リカーたちばなで購入。

蓬莱「純米吟醸 令和元年 袋しぼり」(渡辺酒造店)

DSC07732.jpg
銘柄:蓬莱「純米吟醸 令和元年 袋しぼり」
製造:渡辺酒造店
種類:純米吟醸
酒米:不明

蓬莱を出している渡邊酒造場は全国的にも手広く展開している蔵の一つです。限定品を数多く手がけ、このお酒もそのうちの一つ。令和元年・・・5月1日にしぼったばかりのしぼりたて生酒。HPに乗っているのと違ってこちらは飛騨地方限定の袋しおりで、600本中88番とロット番号まで振ってあります。どこもかしこも令和のお祝いでしたが、自分もそれに乗っかってみようと思い飲んでみました。

香りはフレッシュな吟醸香の飴色の薄濁りのお酒です。飲んでみるとフレッシュな刺激の口当たり。甘酸っぱいリンゴのフルーティーな味のあとにピリッとくる辛口の刺激がしぼりたてのお酒の味わい。トロッとした舌触りでなかなか濃厚な味わいですが爽やかな酸味の後味とキレのある辛口で意外とスッキリしています。スッキリとした口の中にわずかに残る苦味と米の旨味の余韻が次の一杯を誘ってくるかのようです。そして飲み続けていると次第に苦味の後から滑らかでツヤのある米の旨味が綺麗に出てきてお酒も食事もどんどん進んでしまいます。この複雑ながらも微妙にとれているバランスが良く、ちょっぴり飲んでもしっかり飲んでもそれぞれ違った楽しみができそうなお酒でした。

渡辺酒造店で購入。蔵の直売所は他にも限定のお酒(というか限定のお酒くらいしかなかった)がいくつかありましたが、限定ばかり飲んでも次にいつ飲めるかわかりませんのでこれだけ購入してみました。

初桜「純米吟醸 山田百恵 生原酒」 (安井酒造場)

DSC07333.jpg
銘柄:初桜「純米吟醸 山田百恵 生原酒」
製造:安井酒造場
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

甲賀市の東、東海道沿いに位置する安井酒造場。ここのお酒は少しネーミングセンスが他と違って一捻りされているものが多く、この初桜「山田百恵」もその一つ。山田錦と妻の名前を合わせて作られたこのお酒の名前は往年の歌手のオマージュでしょう。山田錦100パーセントを木槽搾りで作ったというだけで興味がそそれるお酒を購入してみました。

冷酒、常温、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは柑橘系の甘酸っぱい香りの吟醸香の飴色のお酒です。飲んでみるとしっかりとした酸味と辛さを感じる口当たり。少し冷えすぎていると酸味が強いのか少し刺激のある味わいです。温度をあげて常温くらいにすると米の旨味が酸味に負けなくなってきて、とてもバランスが良くなって好みの味わいになってきます。結構しっかりとした濃厚な旨味と米の甘み、熟した柑橘系の酸味が程よく絡み合い芳醇甘口な味わいが濃厚な味わいの料理とよく合いそうです。更に温度をあげて熱燗くらいにすると米の濃厚でまろやかな旨味が全面にでてきます。舌に絡みつく柔らかな膨らみのあるタッチが心地よく、口の中にふっくらとした炊きたての米のような旨味の後味を残してくれ幸せな気分になります。生酒を温めるのは気が引けますが色々な温度で楽しめるお酒で自分の好みの味を調べる楽しさがあります。個人的には料理と合わせるなら常温くらいで濃いめの料理と一緒で、単品で飲むなら熱燗でチビチビと飲むのが良さそうなお酒でした。

道の駅「あいの土山」で購入。以前と比べ冷蔵庫で販売されるお酒の種類が増え、品揃えがとてもよくなったように思います。

木曽路「特別純米 大寒仕込 しぼりたて 無濾過生原酒」(湯川酒造)

DSC07145.jpg
銘柄:木曽路「特別純米 大寒仕込 しぼりたて 無濾過生原酒」
製造:湯川酒造
種類:純米
酒米:ひとごこち+美山錦

中部地方にいたら誰でも知っている「木曽路」。中山道が木曽を走ることから木曽路とも呼ばれ、この木曽路を銘柄とする湯川酒造はとても歴史がありそうだと思っていたら創業が1650年と長野県でも2番目に古いのだそうです。更にいえば湯川酒造のある木祖村の標高は900m超えととても高く、GWにようやく桜が咲き始める寒いところで作られています。以前は古そうなラベルのお酒がメインでしたがいつの間にかラベルがとても綺麗になり、HPも英語混じりのグローバルなものに変わり、名前や雰囲気とは裏腹に時代に向かっている蔵のようです。そんな蔵の搾りたてがなんとコンビニで冷蔵保存されていて正直びっくりしたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香の飴色のお酒です。飲んでみるとフレッシュな刺激のある口当たり。完熟メロンのようなジューシーな甘さと微炭酸のようなシュワっとした清涼感のある舌触りで、しぼりたてのフレッシュ感を十分に堪能することができます。そのあとからくる複雑で深みのある米の旨みが酸味と絡み合ってくれるおかげで程よい重厚感を感じさせ、飲めば飲むほど深みにハマってしまい気がつけばほろ酔い気分になっています。フレッシュな旨味を堪能したい時に美味しくいただけるお酒でした。

セブンイレブン木曽町神谷入口店で購入。車でしか来れない国道沿いのコンビニに売っているのも驚きですがちゃんと冷蔵保存されているのも驚きです。でも観光客にとって、この辺りでお酒を買おうとすると道の駅かコンビニしかないのが現状なので、こういうサービスはとても嬉しいです。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別