FC2ブログ

三芳菊「阿波山田錦 特別純米 無濾過生原酒 限定袋しぼり」(三芳菊酒造)

DSC08127.jpg
銘柄:三芳菊「阿波山田錦 特別純米 無濾過生原酒 限定袋しぼり」
製造:三芳菊酒造
種類:純米
酒米:山田錦

ワイルドサイドを歩く。だから、どの日本酒んいも似てない。のキャッチフレーズで独特の日本酒を作ることで知られる三芳菊。ラベルもとてもこだわりがあり、このお酒は蔵の狙い通りでまさにジャケ買いしたお酒です。独自路線を進みながら、阿波山田錦を使用するなどなるべく地元のものを使ってお酒を作られている地酒蔵と言えます。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは酸味の効いた柑橘系で飴色のお酒です。飲んでみると酸味の刺激のある口当たり。柑橘系のサッパリとしたフルーティーな酸味の中にしっとりとした苦味があり、その後から米のふわっとした旨味を感じます。複雑な味わいを感じながら最後は酸味の効いた辛口で締める感じでしょうか。この酸味がなかなか強く、柑橘系+旨味、柑橘系+苦味・・・みたいな感じで、ワインっぽさがある味わいが三芳菊の独特な世界観を表現しているかのようです。この味は好みが分かれそうです。料理との組み合わせは普通に洋食でも合いそうです。たまには気分を変えてベクトルの違う日本酒が飲みたい時にチョイスして、そのままどっぷり浸かれてしまうお酒でした。

知多繁で購入。
スポンサーサイト

幻の瀧 「純米吟醸 旨辛口」 (皇国晴酒造)

DSC07730.jpg
銘柄:幻の瀧 「純米吟醸 旨辛口」
製造:皇国晴酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

全国的に有名な黒部渓谷の下流で酒造りを営んでいる皇国晴酒造(みくにはれしゅぞう)。旅行の時にたまたま立ち寄った酒屋で見かけたお酒ですが、HPには載っていないのでPBかなんかでしょうか。とりあえずみたことがなかったので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほぼ無臭で少し吟醸香が感じられます。飲んでみるとサッパリとした刺激のある口当たり。フルーティーな酸味のある甘みとスッキリしたドライな辛口で飲みやすいお酒です。スッキリしていますがしっかりとした米の旨味があり、淡麗辛口というよりかは芳醇辛口系で、なめらかな舌触りがとても上品な仕上がりになっています。これなら単品でも美味しく飲めますし、合わせられる料理も幅広な印象のお酒でした。

酒のやまや大久保店で購入。チェーン店ですが富山県内のお酒はそこそこ置いてありました。

千年一「特別純米原酒」(千年一酒造)

DSC08121.jpg
銘柄:千年一「特別純米原酒」
製造:千年一酒造
種類:純米
酒米:不明

淡路島へ旅行に出かけた家族からもらったお酒です。1875年創業の千年一酒造の蔵へ行った時にオススメされたらしいお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると重厚感のある酸味の効いた舌触り。深いコクのある米の旨味がしっかりと乗った味わいが舌に絡みついてきます。その後からピリピリとしたドライな喉越しで口の中がカラカラです。酸味と旨味、苦味にとどれも濃厚で、原酒を強く感じさせてくれる味わいです。ホームページではロックもオススメとありましたが、常温くらいの方が絡みつく舌触りの中に感じる濃厚な旨味が堪能できるように思います。暑くなると少ししつこい気がするので寒い日に鍋と一緒にいただく方が美味しく飲めそうなお酒でした。

貰い物

七笑「木曽の米で造った純米酒」(七笑酒造)

DSC08025.jpg
銘柄:七笑「木曽の米で造った純米酒」
製造:七笑酒造
種類:純米
酒米:美山錦

名前の通り、木曽地区で作られた美山錦だけを使った純米酒です。木曽は山間で狭く作られる米が限られているため、このお酒は数量限定販売になります。そんなことは知らず、七笑は以前と比べ現代的なラベルになったなといった程度の認識で購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはメロンを彷彿させる甘いフルーティーな吟醸香の透明のお酒です。飲んでみると酸味のあるフルーティーな口当たり。辛口でスッキリした喉越しと、優しいタッチでさらりとした舌触りでとても飲みやすく次々と飲んでしまいます。軽いながらも米の旨味が感じられるため、淡麗というよりは旨口な印象です。この軽快で上品な旨味は美山錦ならではの味わいと思います。クセがなくさっぱりとしていて、これから暑くなる季節に重くならずに楽しめるお酒でした。

道の駅「賤母」で購入。

初桜「純米 みずかがみ 生原酒 29BY」(安井酒造場)

DSC07332.jpg
銘柄:初桜「純米 みずかがみ 生原酒 29BY」
製造:安井酒造場
種類:純米
酒米:玉栄+みずかがみ

みずかがみを使用したお酒でということで以前から飲んでみたかったお酒の一つです。みずかがみは平成25年に滋賀県で開発され、こしひかりと同等以上の味として期待される米で琵琶湖周囲で作られておりますが、食用のみならず酒米としても使うことができる万能的な面もあるようです。イメージカラーは名前の通り青なので、初桜のラベルも青で美しく涼しげなイメージです。

香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみるとピリッとした口当たりです。酸味の混ざった苦味がアクセントになって、その後からくる米の旨味が引き立つ感じです。ジワリと広がる舌触りに長く口の中に余韻として残る旨味が心地よいお酒です。山田百恵のような甘い華やかさではなく、渋く複雑な旨味の濃縮したお酒といった印象です。アルコール度は少し高めで味も濃いですが、最初から重さがないというか飲みやすいお酒で、飲めば飲むほど味の出てくるためついつい飲んでしまいました。調べてみると年によってスペックに少し違いがあるみたいなので、他の年代も飲んでみたいです。

道の駅「あいの土山」で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別