FC2ブログ

千古乃岩「辛口純米酒」(千古乃岩酒造)

DSC00228.jpg
銘柄:千古乃岩「辛口純米酒」
製造:千古乃岩酒造
種類:純米
酒米:五百万石

岐阜県の東濃地区で作られているお酒といえば、三千盛や女城主、三千櫻あたりが比較的知られているところでしょうか。そんな中、土岐市で唯一酒造りをされている千古乃岩酒造はこじんまりした酒蔵でテリトリーも東濃の一部のため、多分知名度は低いと思われます。以前、川島オアシスパークのお土産屋で常温で売っていた本醸造を飲んで気に入ったので、今度は純米酒を選んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!!
香りはほんのり麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみるとするっと口の中に滑らかに入り込んでくる口当たり。辛口という割にはキリッとした酸味を多少感じる程度です。旨味はしっかりとした味なのですが雑味がなく透明感のある旨味で、飲んだ後もとてもスッキリしていてピリピリしたアルコールの刺激を感じません。この後味はまるで水の如しといった感じでしょうか。でもお酒の旨味はとてもしっかりしていて、熟成したまろやかな米の旨味をしっかりと感じられるお酒なのだから不思議です。軟水仕込みを主張していますが、全てが滑らかで柔らかく包み込んでくれるかのような酒質は水のなせる技でしょうか。しっかりとしたクリアな旨味とふわりと柔らかいしっとりとした舌触り、スッキリとした後味を高いレベルで感じさせてくれます。この滑らかさは大変飲みやすく、個人的にはもう少し知名度を得ても良いのではと思えるお酒でした。

千古乃岩酒造で購入。ネット販売もできるみたいですね。
スポンサーサイト



甲斐の開運「純米生酒ひやおろし」(井出醸造店)

DSC00149.jpg
銘柄:甲斐の開運「純米生酒ひやおろし」
製造:井出醸造店
種類:純米
酒米:ひとごこち

山梨県でお酒というとワインを連想する人が圧倒的に多く、日本酒を連想する人は少ないと思われます。現に日本酒の造り酒屋は少ない。その中で富士山の湧水を使う数少ない蔵である井出醸造店は富士五湖周囲では唯一の造り酒屋なので、観光で富士五湖に行ったことがある人は見たことがあるお酒ではないでしょうか。で立ち寄って購入したお酒が純米のひやおろし。無濾過生酒のひやおろしとのことですが、ホームページに書いてあるのはちょっと違うみたいなので治した方が良いのでは、ってツッコミは置いておいて、早速飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると少し酸味の効いた透明感のある口当たり。さらりとした質感が軽快で、その中に少し渋みの入った米の旨味を感じることができます。この旨味が角の取れたクリアな旨味で、柔らかい舌触りが大変心地よい旨さになってます。ちょうど良い熟成した旨味といったところでしょうか。甘いとかフルーティーとかではなく、旨味って感じで、後味は意外とスッキリしていて口の中がさっぱりするため、ついつい次の一口を飲んでしまいます。単品で飲むと綺麗なお酒ですし、料理と合わせると引き立て役に徹するような旨さが癖になる飲みやすいお酒でした。

井出醸造販売店で購入。

伝心「雪」(一本義久保本店)

DSC09427.jpg
銘柄:伝心「雪」
製造:一本義久保本店
種類:純米吟醸
酒米:五百万石、山田錦

すりガラスの瓶に白地で伝心の文字が切り抜かれたとてもシンプルなラベルですが、全く飾らない美しさがありとても気に入り購入してみたお酒です。通年販売のお酒とのことですが伝心自体が限定流通のためあまり見かけないお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い米麹の香り漂うやや飴色のお酒です。飲んでみると少しピリッとした口当たり。やや硬めなドライな辛口に少し苦味を感じ、意外と渋いなと思わせておいてから米の旨味が出てきます。その中にマスカットの淡いフルーティーな甘さを感じながらキレるため、すっきりした仕上がりになってます。少し温度を上げていくと全体的に米の旨味が強くなってきて芳醇な印象に変わってきます。ただ、どの温度帯でも綺麗な味わいにまとめられてて、単品でもそこそこ飲みやすい印象です。逆に濃いめの料理と合わせるとわかりにくく、薄めの味付けの料理と合わせるとまとまりがでて良さそうに思えたお酒でした。

蔵の前のお店で購入。

正雪「スパクリング」(神沢川酒造場)

DSC08749.jpg
銘柄:正雪「スパクリング」
製造:神沢川酒造場
種類:純米
酒米:誉富士+五百万石

カラフルで綺麗なラベルで日本酒とは全く思えないこのお酒は正雪が出すスパークリング清酒です。瓶の栓はシャンパンと同じような感じで、針金で止めてます。中は瓶内二次発酵による発砲性を秘めているため、強烈な圧力がかかっているため針金で止めてあるわけですね。

冷酒で飲ス、うまい!!
開栓するとシャンパンのごとく蓋が飛び出して泡が飛び出してきました。香りは酸味のあるフルーティーな甘い香り漂う発砲濁りのお酒です。飲んでみると酸味のある梅酒のようなフルーティーな甘さの口当たり。強い酸味と甘み、炭酸が梅酒カクテルのようで日本酒を飲んでいるようには感じません。ワイングラスに注いで洋風にいただくと、最後に少し米の旨味がでてきて、スパークリング白ワインと日本酒が混ざったような(飲んだことはないけど、あくまでイメージ)感じでしょうか。アルコール度が11度と低アルコールで甘酸っぱい炭酸と、日本酒が苦手な人でもとても飲みやすく、少し雰囲気の違うお酒を楽しみたい時に飲みたいお酒でした。

覚王山フランテで購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別