FC2ブログ

月替り量り売り 今年の新酒 一番搾り生原酒(R1BY)(美冨久酒造)

DSC01253.jpg
銘柄:月替り量り売り 今年の新酒 一番搾り生原酒(R1BY)
製造:美冨久酒造
種類:本醸造
酒米:吟吹雪、他

水口へお出かけした時にナビにたまたま美冨久酒造の名前があったので、立ち寄ってみました。ここはガンダム大好き社長?で知られているところで三連星とかが有名なところです。で、毎月量り売りのお酒を売っているのですが、訪れた日がちょうど令和初搾りの新酒販売だったのでラッキーと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな吟醸香の透明なお酒です。飲んでみると甘くフルーティーな口当たり。完熟メロンの甘くジューシーな味を感じながら、ピリッとしたフレッシュな刺激が口の中に広がってきます。しぼりたてのフレッシュな味わいの中に、少し苦味があるのがアクセントになって、より強くフルーティーな味わいが強く感じられます。心地よい甘さだなと思っているとドライな喉越しがでてきて、気がつけば口の中がカラカラです。そして次の一口がまたフルーティーな甘さでついつい飲みすぎてしまいます。しぼりたての押しの強いしっかりとした味わいが苦手な人は開栓して1日経過させると少し角が丸くなって飲みやすくなりますので好みに合わせてもいいと思います。あふれるしぼりたてのフレッシュな味わいを堪能できたお酒でした。

美冨久酒造で購入。かなり季節限定と言えるのでなかなか手に入らないのが難点でしょうか。
あと、量り売りということですが結局4号瓶や一升瓶に入れるなら初めから瓶詰めしたものを売れば手間がかからないのかなっと風情がない素人考えで感じてしまいました。

スポンサーサイト



春鹿「生酛仕込純米 超辛口  生原酒 青乃鬼斬」(今西清兵衛商店)

DSC00999.jpg
銘柄:春鹿「生酛仕込純米 超辛口  生原酒 青乃鬼斬」
製造:今西清兵衛商店
種類:純米
酒米:五百万石

奈良県は世界遺産のある県として、世界中の人に知られている超有名なところですが、じつは日本酒発祥地としても知られています。東大寺などがある奈良公園のすぐ南に位置する今西清兵衛商店は、奈良ホテルに近いこともあってか世界の人たちが訪れる蔵のためかHPに英訳が載っていてグローバルなイメージの蔵の一つです。その中で季節限定の青乃鬼斬が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香の透明なお酒です。飲んでみるとピリっと辛い口当たり。少しフルーティーな甘い口当たりを感じた後からドライな辛口で口の中がピリ辛になります。ちょっとした酸味が清涼感になり、一瞬飲みやすいかなと思って飲んでいるとしっかりとした旨味で味わいが口の中に広がってきて、そして辛口が後からきて口の中がカラカラです。さすがは日本酒度+13の辛口。綺麗に切れたなと思って飲んで食べてを繰り返していると、少しアルコール度が高いためか結構酔いが早くきます。フルーティーな味わいとしっかりとした濃厚な旨味とキレッキレな辛口が同時に楽しめるお酒でした。

覚王山フランテで購入。

勲碧「純米吟醸 無濾過生原酒」(勲碧酒造)

DSC00975.jpg
銘柄:勲碧「純米吟醸 無濾過生原酒」
製造:勲碧酒造
種類:純米吟醸
酒米:夢吟香

比較的新い愛知県の酒米である夢吟香で作った無濾過生原酒が売っていました。お酒も紙に包まれて高そうだったのに意外と安かったので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな柑橘系の吟醸香の飴色のお酒です。飲んでみると少しピリッとした口当たり。酸味の効いた甘辛いまったりとした舌触りでしばらく口の中にべったりとした味わいが残ります。なかなか濃厚で酸味と旨味と苦味が混ざり合い、複雑な味が口の中にしばらく残っている感じでしょうか。フルーティーで芳醇辛口で、たくさん飲んで味わうというよりかは料理と共にチビチビと飲む方が良さそうで、脂の乗ったステーキとかと合わせるとちょうど良さそうな感じのお酒でした。

覚王山フランテで購入。

八千矛「純米」(旭日酒造)

DSC00646.jpg
銘柄:八千矛「純米」
製造:旭日酒造
種類:純米
酒米:不明

出雲大社に旅行に行った知り合いからもらいました。以前より出雲大社の御神酒として奉納されてきたお酒です。この銘柄のお酒は古川酒造?というところが作っていたのですが廃業することになり2013年より引き継いだのが旭日酒造とのことです。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!
香りは麹の香り漂う濃い飴色のお酒です。飲んでみると酸味のある刺激の強い口当たり。米のアルコール臭の効いた濃厚なコクのある味わいはよく熟成された味わいです。冷酒だと米の甘味が少しボケるため、酸味と苦味が強く感じられて少し飲みにくい印象を受けます。少し温度を上げて行くと旨味がでてきて、酸味や苦味とのバランスが良くなってきます。さらには舌に絡みつくネットリとしたしつこさが温度を上げると意外とサラサラな質になって飲みやすくなってきます。個人的には冷やして飲むよりも熱燗の方が好みなお酒でした。

貰い物。多分お土産やかな。

木曽三川「ひやおろし 純米原酒」(内藤醸造)

DSC00547.jpg
銘柄:木曽三川「ひやおろし 純米原酒」
製造:内藤醸造
種類:純米
酒米:夢山水

愛知のものでお酒を作ることが多い内藤醸造から愛知の酒米「夢山水」を使ったひやおろしが売っていたので購入してみました。すりガラスの瓶が少し高級感を漂わせますがお値段は普通で購入しやすいお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみると少し酸味のある口当たり。じっくり熟成した米の甘い旨味がしっかりと感じられ、濃厚でしっとりと絡みつく舌触りが飲みごたえあります。あまりピリッとした辛さや刺激は感じず、後からじわじわとくる苦味とまろやかな旨味が程よく混ざり合い、濃厚な味わいながらも意外と飲みやすい甘口のお酒です。飲みやすい濃厚なお酒だなと思っているとアルコール度17度とわずかに高いだけですが結構酔いが早くきて、心地よく飲めるお酒でした。

覚王山フランテで購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別