金澤地わもん・ごぞう「鶴」(やちや酒造)

DSC05655.jpg
銘柄:金澤地わもん・ごぞう「鶴」
製造:やちや酒造
種類:純米吟醸
酒米:五百万石

「金澤地わもん」といえば,金沢の地物の事を指します.「沢」がなんで「澤」かはわかりませんが,「地わもん」は方言で,「地のもの」の事のようです.つまり,金沢でとれた米と金沢にある酵母と金沢の水で金沢酒造組合所属の5蔵で作ったお酒という事のようです.まさに「ザ・金沢」と言えるお酒でしょう.ふたについているラベルには「つるまういずみにふくさかえる」と書いてあります.コレは「鶴舞う泉に福栄える」となるらしい.さらに意味を調べると「鶴」は加賀鶴,「舞」は長生舞,「泉」は御所泉,「福」は福正宗,「栄」は日榮と金沢の代表銘柄5つを人文字の感じに表し,詩にまとめたものなんですね.なんかとても凝っています.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りはそんなに強くはなく,注ぐときは無色透明な液体といったところ.一口飲むとなかなかフルーティーな口当たりです.その後で旨味がしっかりと感じられ,口の中に米の味が広がってきます.それでも飲みにくさは皆無で雑味は感じられず,スーと口の中に入っていく感じです.クセの無い甘い感じは五百万石ならではといった感じでしょうか.量も少なめでおしゃれな瓶に入っているので,軽く飲むにはちょうど良い,旨味のしっかりあるお酒でした.

金沢駅内のお土産屋で購入.金沢市限定らしい.といってもネットで購入できます.その時は大抵5本セットになってしまいます.現地ならバラで購入可.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別