幻の瀧 吟醸「つらら」(皇国晴酒造)

DSC05822.jpg
銘柄:幻の瀧 吟醸「つらら」
製造:皇国晴酒造
種類:吟醸
酒米:五百万石

愛知の大手酒屋さんでも結構普通に置いてある「幻の瀧」は,北アルプスの天然水を用いて豪華に作られたお酒です.富山県の酒蔵のなかでも水が恵まれていることで有名で.敷地内に北アルプスの天然水のわき水があり,硬水と軟水別々の水脈があるようで水に関しては文句無いところなんだそうです.皇国晴とかいて「みくにばれ」と読ませる難読な名前の割りには1合瓶のお酒も用意しているなど大手メーカーみたいですが,実際には伝統的な作り方を行っている蔵で種類や量はそこまで多くはないそうです.

冷酒,ぬる燗で飲ス.うまい!
ホームページを見ると,どの特定名称酒のお酒であっても「常温,ぬる燗でお飲みください」と書いてあります.まさか吟醸,大吟醸まで書いてあるとは!.ただ吟醸「つらら」は生貯蔵酒で冷蔵保存されている位だから,冷酒でも飲んでみたいと思い,まずは冷酒から.吟醸香は比較的少なめな印象です.一口飲むと,米の旨味がのっている味わいがします.程よくピリ辛で濃厚な味わいは一般的に言われるあっさりした吟醸酒とは全く別ものの印象を受けます.口の中に広がるマッタリした味は日本酒を飲んでいるなぁと思わせる味わいでした.ぬる燗で飲んでみると,その味わいに深みがでてきてとても濃厚な味わいに驚かされます.濃い味付けの料理と相性が良さそうな程にしっかりとした旨味は飲み応え十分.体の芯からポカポカになってくる感じは,流石雪国の日本酒と感じずに入られません.確かに少し燗した方がおいしいと感じるお酒で,吟醸酒と思っているとそのギャップに驚かされました.鍋の方が相性が良さそうな,流石は雪国の日本酒だと感じてしまうお酒でした.

酒のすぎたで購入.冷蔵保存されているので,冷酒で飲むものだと思ってました.CPはそこそこ高く,気軽に買えるお酒です.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別