倉敷の純米大吟醸酒「あ」(地酒の井筒屋)

DSC06107.jpg
銘柄:倉敷の純米大吟醸酒「あ」
製造:地酒の井筒屋
種類:純米大吟醸
酒米:雄町

倉敷の美観地区の裏通りにある酒屋さん。そこで作っているお酒なんだそうです(どの様に作っているかなどは特にリサーチしてませんが)。色々な種類のお酒を作られていて、その中の一つが「あ」。他のお酒はなかなか名前がかっこいい物が多かったですが、なんとなく「あうん」シリーズの「あ」が値段も手頃で飲んでみたくなったためです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは程よく心地よい吟醸香。一口飲んでみるとスッキリした透明感のある辛口の口当たりです。結構あっさりしているなと思っていると少し時間を置いてから口の中に果実のようなフルーティーな味わいが広がってきます。アルコール度が少し高めなためか辛口のためかはわかりませんが口の中の刺激は少しありドライなのど越しが丁度良い印象です。優しい旨口ながらも少し刺激のあるお酒で、刺激のある岡山のお酒といった印象でした。

地酒の井筒屋で購入しました。ネット通販はしているようですが他店では購入できなさそうですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
「あうん」シリーズ?と思って調べてみたら、「あ」と「うん」ではなくて、「あ」と「う」と「ん」なんですね。おもしろい。^^

Re: タイトルなし

こんにちは。ここのお酒のネーミングはどれも面白いです。例えば「加馬地」で「かばち」と読ませてますが、これだけだと何のお酒かさえわからないんですよね。沢山種類があり甘口や辛口などなど細かく分かれているのですが、名前からは一切わからず聞かなければ混乱すること間違いなしです。
当然「ん」というお酒もどんなお酒か見当もつきません。だから飲んでみたくもなるんですけどね。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別