喜楽長「純米吟醸 三方良し」(喜多酒造)

DSC08086.jpg
銘柄:喜楽長「純米吟醸 三方良し」
製造:喜多酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦+渡船6号

販売促進のため色々な蔵がグループ形成したものがあり、このお酒は「酒門の会」というグループで限定販売されているお酒になります。そのため全国でも酒門の会のお酒を取り扱っている販売店でしか目にすることができない(と思われる)お酒と言えます。たまたま見かけたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは麹の香りがしっかりとするような感じです。飲んでみると結構酸度の効いた酸っぱさと苦さ、刺激が口の中に広がってきます。少しねっとりした舌触りでピリピリとした刺激で口の中全体がカラカラになるほどドライな辛口です。その後からしばらくコクのある味わいが残存し段々と薄れていくような印象です。酸味のある濃厚な味わいは濃いめの料理と相性が良さそうですき焼きと一緒に飲んでみましたが程よく味わえるお酒でした。

酒主人で購入。酒門の会の他の蔵のお酒も置いてありました。ちなみに「三方良し」は喜楽長のホームページを見てもレギュラーではないので乗っておらず、酒門の会で検索しないと出てきませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別