初緑「純米吟醸無濾過生原酒(緑ラベル)」(奥飛騨酒造)

DSC04913.jpg
銘柄:初緑「純米吟醸無濾過生原酒(緑ラベル)」
製造:奥飛騨酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

下呂の金山地区へ久しぶりに飛騨牛と紅葉ドライブで出かけました。今まで気づかなかったのですが金山の街中で「奥飛騨」の蔵が国道沿いにあったのを発見し直売所で購入してみました。今までは「高木酒造」でしたが2014年4月1日より名称変更し「奥飛騨酒造」となったようですね。初緑シリーズはこれまで全く飲んだことがなく、勧められ購入です。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはとてもフレッシュなフルーツの香りの吟醸香です。飲んでみるとメロンのような甘くフルーティーな旨みがたっぷりです。少しピリっとくる刺激があり、その後からも甘い旨みが口のなか全体に広がってきます。生原酒ですがアルコール度は16度とまぁ普通なのでフレッシュな甘く濃厚な旨みで飲み過ぎても一気にやられてしまうことはなく、普通に美味しく飲めてしまえます。平成の生しいたけを少し炙って酒の肴にして一緒に飲んでみましたが、深まる秋の豊かな味わいをしっかりと感じられるお酒でした。

蔵直営店で購入。ホームページのお酒は去年のデータなので少しスペックが違いますが、美味しさはおそらく変わらずでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高木酒造が社名変更!?こりゃ驚いた。
確かに「!」を重ねたくなる旨い酒ですが、南飛騨なのに銘柄が奥飛騨ってどうよ?と前から思っていました。銘柄だけならまだしも、社名まで変えるとは…。飛騨南部の奥の方にある蔵との解釈かな?

Re: No title

いつの間にか社名が変っていたので驚きました。
確かに飛騨の入り口なのに奥飛騨かよと思ってました。
合掌造りを移築したり、奥飛騨慕情がヒットした時に「奥飛騨」を商標登録したり、ポッカの代表取締役も兼任していた「高木」家をわざわざ「奥飛騨」に変えるくらいですから「奥飛騨」という単語になんらかのこだわりがあるんじゃないかなぁ。
まぁ本当の理由は全く知りませんけどね。
案外今の社長が奥飛騨出身だからってだけだったりして。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別