麗人「純米にごり酒 紅麗花」(麗人酒造)

DSC02069.jpg
銘柄:麗人「純米にごり酒 紅麗花」
製造:麗人酒造
種類:純米
酒米:不明

酒屋でみかけたピンクの濁り酒。麗人酒造は以前もロゼスパークなんて薄ピンクの発泡日本酒を飲ませてもらったが、定番以外もいろいろとやられているようです。奇抜ながらもピンクというのがとても可愛らしく、そこがあまり変態に感じられないから良いイメージです。他にもピンクのお酒は笑亀のももいろ純米にごり原酒なんて似たようなお酒を飲んでいますが、作り方は全く別物のようです。笑亀のほうはピンクになる古代米を混ぜてるためですが、麗人の紅麗花はアデニン要求性酵母なるものと使っているために発色するとのことです。上澄み液だけなら紅色をしているのですが、それが澱と混ざることでピンク色に見えるといん感じです。

冷酒で飲ス、うまい!
まずは上澄み液だけで飲んでみます。だいぶ酸味のきいた酸っぱさとかなり甘口と思わせる味わい。これだけ飲んでいると日本酒というよりは梅酒といったところだ。まったりとした透明感のある熟成果実酒といった印象。なかなかさっぱりしていていいです。次にまぜてにごり状態で飲んでみると、そこに澱の粉っぽさというか少し濃厚で味わいの深いものになっていきます。夏場にはちょっとしつこいくらいの濃さで暑い夜にはもう少しさっぱりしたほうが好みかな。アルコール度は10度と高くないので、そこまでお酒が強くない人でも、梅酒感覚でいけるかも。冬場とかに飲んでみるとまた印象は変わると思うが。日本酒離れした、一風変わったお酒を味わいたい時に飲んでみたいお酒でした。

漬物松尾商店で購入。季節数量限定のためなかなかないかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別