杉錦「山廃純米 秋あがり」(杉井酒造)

DSC04301.jpg
銘柄:杉錦「山廃純米 秋あがり」
製造:杉井酒造
種類:純米
酒米:誉富士

吟醸王国静岡県は藤枝市にある酒蔵。同市内および周辺には磯自慢を始め全国的にも有名な酒蔵の多い地域となりますが、そんな中、生酛山廃純米にこだわりを持って作られているのが杉井酒造です。杉井酒造のHPをみるとそのこだわりを持った酒造りの熱い気持ちが伝わってきます(若干細い!!)。新酒よりもひやおろしを重視しているみたいで(新酒もあるが)、蔵のHPでも生酛山廃とひやおろしの関係などについて記載され非常に勉強になります。また菩提酛なる古典的な方法も試されているようです。そんな蔵で造られたお酒とは知らず、誉富士と山廃と秋あがりの組み合わせでどんな味になるのか不思議に思ったので購入してみたお酒です。ちなみに同蔵では「ひやおろし」と「秋あがり」をお酒によって使い分けているようです。この秋あがりの作り方も細かく書いてあり、なぜ精米歩合70%にしたのかなど熱く(若干暑く)記載されています。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはどっしり香る麹のしっとりとした甘い香りの飴色のお酒です。開栓直後に飲んでみるとセメダインを感じる甘く酸味のある柑橘系の味わいと酸味のきいたどっしりとした深い米の味わいが同時に口の中に広がってきます。どちらもアクがつよすぎて最初は少し好みが分かれる尖った性格のお酒かなって印象を受けます。このアクの強さは誉富士な感じだなっと少し思った。同時に誉富士なら2日目以降で味が落ち着くだろうと思い。一旦寝かせ、次の日に飲んでみることに。すると初日に感じた、自己主張しまくりてきなアクの強い味はかなりマイルドになって、酸味と米の旨みが非常にバランス良くなり、どっしりとした米の旨みと深いコクを感じながらも飲み易いうまいお酒に変化していきます。山廃ならではのどっしりした味わいを押し出した濃厚な味わいは個人的にはストライクで食事もお酒もどんどん進むお酒でした。

エスパルスドリームプラザ内にある篠田商店で購入。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別