作「奏乃智」(清水清三郎商店)

DSC09367.jpg
銘柄:作「奏乃智」
製造:清水清三郎商店
種類:純米吟醸
酒米:不明

去年開催されたサミットで振る舞われたお酒の一つ「作」はもともと全国的に有名な銘柄の一つでしたが、これでさらにメジャーになってしまいました。なかなか手に入らない状況になりそうですが、そんなところから出てきたお酒が奏乃智(かなでのとも)です。それを見かけたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり甘い吟醸香。飲んでみるとフルーティーで硬さのある口当たり。キリっとした刺激の中に甘い米の旨味がでてくる感じでしょうか。メロンの果汁のような甘さを感じたあとでスカッと切れ爽やかな口の中になるため、また次の一口を飲んでみたくなってしまう、飲みやすい印象を受けます。甘さの中に隠れた苦さや酸味のきいた味わいも、最後の辛口できっちり締めてくれ、繊細な料理の味を壊すことなく美味しくいただけるお酒でした。

酒のいしはらで購入。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シンパクさんお久しぶりです。

作 奏乃智 飲まれたんですね。
私も先週ブログにも載せましたが、とっても美味しかったです。
このお酒は福島ではなかなか買えません。

細やかな感想実感しました。
見かけて買えるのが羨ましいです~~

Re: No title

こんにちはー。
「作」はどれも美味しいですね。
この前のサミットで振る舞われた「半蔵」と「作」はあっという間に売り切れてしまったようです。
半蔵に至っては蔵が作る年間量が一日で売れてしまったと言われるくらいですから。
作はサミットの後も新しいお酒を出されているので全く手に入らないわけではないのがいいところでしょうか。

愛知ではそこそこ「作」は見かけるんですよ。隣の県だからかそこそこ流通していると思います。
逆に愛知では福島のお酒はほとんど見かけないです。大七か奥の松を見かける程度です。
冩楽とか天明、奈良萬あたりを飲んでみたいと思ってますが、見かけたら飲んでみたいです。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別