夏入道 完熟生原酒(吉田酒造)

DSC01590.jpg
銘柄:夏入道 完熟生原酒
製造:吉田酒造
種類:普通酒
酒米:不明

竹生嶋で知られる吉田酒造で今年久しぶりに販売された夏限定のお酒「夏入道 完熟生原酒」。このお酒のコンセプトは何と言ってもラベルに書いてある通り「カクテルベース用生原酒」に尽きる少し変わったお酒です。購入時に蔵の方に、カクテル用で少し濃厚だから直接飲むと濃いですよって言われ、変わったコンセプトだなって思い購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
米麹の香り漂う日本酒らしい香りの透明のお酒です。まずはストレートに飲んでみると確かにトロッとした濃厚で甘辛くしっかりとした米の旨味を感じるお酒です。酸味や苦味の少ない、熟成したまろやかな旨味で濃厚なのに、そこまでしつこさがないのがなんとも不思議な味わい。醸造用アルコールが入っているみたいですが、全く感じさせない濃厚さとくどさのない透明感を持つ感じです。アルコール度も18-19度と高いですがそこまで強い辛さを感じないのが夏にちょうど良いです。サイダーと割ってハイボールっぽく飲んでみましたが、なかなかドライでしっかりした味わいと爽快感がたまらず、なかなか美味しい。確かに混ぜても米の主張が強くなく、かといってエタノール感もなく程よく脇役に徹する素材といったところ。個人的にはカクテルベースにしても良いですが単品で飲んでも十分にうまいし、ライムでロックで飲んでもうまいと思える新感覚のお酒でした。

吉田酒造で購入。
そういえば吉田酒造って名前は他にもあるなぁって思っていたら、ググると少なくとも石川、福井、島根、大阪にもある。同じような名前で5つも日本に蔵があるのもなんとも珍しいなって普通に思ってしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別