英君「特別純米誉富士」(英君酒造)

DSC02653_201709042308151c8.jpg
銘柄:英君「特別純米誉富士」
製造:英君酒造
種類:純米
酒米:誉富士

静岡の由比に構える英君酒造は明治14年開業と130年以上の歴史を持つ蔵です。由比といえば東海道の親知らず、アキレス腱とも呼ばれる難所として知られ、東名、JR、国1はほぼ同じ場所を通るため度々通行止めなどで困ることも多々あったところです。現在は新幹線も新東名も難所を避けているため以前ほどのことはなくなったようです。英君飲むの久しぶりだなぁって思っていたら、ブログ初だったので、ブログ始める前の記憶かな。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘さを感じる麹の香りです。飲んでみるとトロッとした優しい口当たりで口の中にするりと入ってきます。少し辛口な刺激があるなと思っていると、舌に絡みつく米の旨味がジワリと出てくる感じでしょうか。ほんのり甘くふくらみのあるような優しいタッチで、口の中に米の甘い旨味が広がってくる感じ。フルーティーな感じではなく、あくまでも米のふっくらした甘さで日本酒飲んでいるなって忘れないところがいいです。誉富士と静岡酵母NEW5の組み合わせは前回飲んだ白隠正宗と同じような内容ですが、味わいは本当に同じ材料なのかと疑ってしまうほど別物で、英君はふっくらとした旨味でこれまた美味しくいただけたお酒でした。

エスパルスドリームプラザ内にある篠田商店で購入しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別