FC2ブログ

小左衛門「純米吟醸 出羽燦々 生酒」(中島醸造)

DSC09234.jpg
銘柄:小左衛門「純米吟醸 出羽燦々 生酒」
製造:中島醸造
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

岐阜の小左衛門に山形の出羽燦々と、なんとも不思議な組み合わせのお酒、生酒で売っていたので購入してみました。相変わらず銘柄とラベルの統一感がたまらないところです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみるとピリッとした口当たり。口の中に流れるように入ってきたかと思えば結構濃厚で甘さと苦さの混ざり合った複雑な味わいがじんわりと下に残る感じでしょうか。この複雑でコクのある旨味が最初はちょっと飲みにくさを感じるのですが、何度も口にして馴染んでくると、たまらないうまさになってきます。程よい苦味のおかげでボケない米のうまさが引き立ってくるというか、まぁそんな感じ。あまり万人受けしませんが好みだと結構ハマるうまさのお酒でした。

覚王山フランテで購入。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうもです。

僕のブログで初めて紹介したお酒も小左衛門で、ちょうど1年
くらい前でした。その後、小左衛門は飲めていなかったので
すこし懐かしく思いました。改めて記事を見返してみるとなんと
同じ出羽燦々を使った純吟でした(笑)

とても美味しかった記憶がありますので、今度僕も久しぶりに
小左衛門やってみようと思います。

では、また。

Re: No title

こんにちは。
ブログ初回が小左衛門とは通ですねぇ。しかも出羽燦々でかぶりとは。
小左衛門のお酒は美味しいですし、出羽燦々で作られるお酒の複雑な旨味もたまらないですね。
華やかな山田錦、すっきりした五百万石みたいなわかりやすい味と違い、飲むたびに違う側面が見られるっていうかなんというか。
ついつい飲み過ぎてしまうのが玉に瑕です。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別