金泉「特別純米 原酒 新酒しぼりたて」(平和錦酒造)

DSC00521_201805272128245b1.jpg
銘柄:金泉「特別純米 原酒 新酒しぼりたて」
製造:平和錦酒造
種類:純米
酒米:五百万石

美濃加茂から国道41号を下呂へ向けて走っていると看板を幾つか目にする金泉の文字。手作り少量生産で主に地元向けに作られている平和錦酒造のお酒で、レギュラーなのかは不明ですがこの時期には珍しい新酒しぼりたてのラベルがあります。ラベルの日付は2018年5月になっているので、この時期に搾ったのでしょうか?もともと花見のために4月にも搾ったりしている蔵なので、何かをやろうとしているのかもですが、このお酒自体がHPに載っていないため詳細は不明でした。

冷酒、ひやで飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒です。しぼりたて原酒とあり、火入れはしていない様子の生酒っぽい扱いでしたので、冷蔵庫で冷やしてから飲んでみました。最初に口の中にピリっと辛口を感じ、その後からサラリとした透明感のあるフルーティーな口当たりとピリ辛のドライな喉越しが同時にやってくる感じでしょうか。日本酒度は+3とそこそこですが、アルコール度が18〜19度と少し高めで結構口の中が刺激でいっぱいになってきます。この後、少し温度を上げて常温よりも少し低いくらいで飲んでみました。こちらの方がとても飲みやすく、しっとりした口当たりです。まろやかな濃厚さを持つ米の甘い旨みがとても心地よく、それでいて思っているよりもしつこさが少なめのためかスペックよりも軽く飲みやすさを感じます。そして最後に少しピリ辛でドライな喉越しで締めるのがたまりません。5月と少し暑くなり出した季節に搾ったお酒ですが、どちらかといえば寒い季節で鍋とかと一緒にいただきたいしっかりとした味を感じるお酒でした。

石原酒店で購入
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別