鷹勇「涼〜夏の純米酒」(大谷酒造)

DSC01164.jpg
銘柄:鷹勇「涼〜夏の純米酒」
製造:大谷酒造
種類:純米
酒米:山田錦+玉栄

鳥取県にある大谷酒造は明治5年創業と100年ほどの歴史を持つ蔵です。愛鳥家の初代が空を舞う鷹の勇姿に魅せられ名付けられたお酒は、創業から一貫して辛口を作り続けているとのこと。そんな蔵が暑い夏でも爽やかに飲める純米酒をと作られたのがこのお酒だそうです。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは麹の香り漂う少し飴色のお酒です。飲んでみると爽やかというよりかはやっぱりつーんとした刺激のある口当たり。少し酸味のある重厚感のある旨みと苦味が同時に口の中に広がり、ドライな喉越しで締めてくれる感じでしょうか。結構しっかりと重厚感のある味わいがあり、よくよく調べてみたら原酒らしい。ただ原酒でもアルコール度を14度くらいに調整して飲みやすく夏向けにしたってコンセプトらしい。確かに一般的な原酒と比べると少し軽めで普通の純米酒に近い感じですが、夏に飲むにはやっぱり少し重たいかなぁ。むしろ春や秋の少し濃いめの料理に合わせる方が相性が良さそうです。本醸造系の軽快さというよりか、純米原酒と純米酒の間くらいで夏でも少ししっかりとした味わいのお酒が飲みたい人向けのお酒でした。。

覚王山フランテで購入。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別