FC2ブログ

薄櫻「純米酒 花と猫」(増本藤兵衛酒造場)

DSC01398.jpg
銘柄:薄櫻「純米酒 花と猫」
製造:増本藤兵衛酒造場
種類:純米
酒米:吟吹雪

暑い夏が続いていますが、酒屋でこんな夜に甘口のお酒で一杯行くならこれだと言われ購入してみたお酒です。猫のラベルが少し可愛らしい感じでしょうか。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると清涼感のあるさやわかな飲み口。少し酸味の効いた酸っぱさと、程よい苦味、米の旨みが複雑に絡み合っている印象でしょうか。結構濃厚な味と生酒のフレッシュな味とが交互にくるのですが、最後に程よい酸味の清涼感が洗い流してくれるので、夏に飲んでも重っ苦しさを感じさせず、むしろそこそこ濃厚ながらも軽快な味わいを楽しむことができます。甘口でも夏のさっぱりした料理でも全く邪魔することなく飲めるお酒でした。

ひろせ屋酒店で購入。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

シンパクさんにしては甘口のお酒ってめずらしいですね。
確かにこのラベルには惹かれますね。夏の生酒なんですかね。
最近は夏でも生酒が増えてきましたが、やはりまだまだ少ないので夏の生酒は酒屋さんでも目が行きますよ。

滋賀のお酒は見かけることが少ないのでシンパクさんがご紹介しているお酒の多くは知らない銘柄ばかりですよ。おっしゃる通りで結構各蔵特徴が違いますね。

毎日暑い日が続きますが、ご自愛ください。

Re: No title

こんにちは。
どうしても売っているお酒が辛口が多いので、辛口に偏っていますが、たまに甘口も飲んだりしていますよ。
ちょっと甘口くらいだといいのですが、超甘口(日本酒度−10とか−20あたりを下回ってくるお酒)だと梅酒っぽくなってきて少し飲みにくさがでてくるため、甘口は避け気味ではありますけどね。

滋賀県のお酒は結構個性の強いものもありますからいろいろ楽しめますよ。淡麗辛口もあれば芳醇甘口もあれば、無精米のものを出してきたりと本当かこれ?ってのもありますし、良く言えばバリエーション豊か、悪く言えば滋賀県の特徴が無いってことでもありますが。
あと、酒米だけでなく飯米のお酒の割合も結構高いかなぁと思います。

愛知県でも特定銘柄しか見かけませんので、静岡県ですとなかなかお目にかかれないものばかりかと思いますが、見かけましたらいろいろ飲んでみて試してみてくださいね。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別