FC2ブログ

若鶴「辛口 玄 生貯蔵酒」(若鶴酒造)

DSC03669.jpg
銘柄:若鶴「辛口 玄 生貯蔵酒」
製造:若鶴酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石+他

砺波市にある酒蔵の一つである若鶴酒造は、愛知では全く見かけたことはありませんでしたが富山へ行くとそこそこ見かける銘柄の一つでしょうか。同じ砺波市に全国区の立山酒造があるためか目立たないなぁと思っていたら、日本酒だけでなく、北陸で唯一のウイスキー蒸留所を持ち意外と手広くやっているメーカーでした。さらに言えば北陸コカコーラボトリングまで同グループという、実はかなり大きい蔵なのではないでしょうか。話は脱線してしまいますがボトラーの意味を初めて知り、大変勉強になりました。北陸行くとたまに巨大なコカコーラの看板を見かけたりしますし、北陸長野限定のコカコーラ缶があったりと何故か独特の地域カラーがあるなと思っていたら、こういうことだったんですねー。で話はお酒に戻りますが、そんな蔵が食中酒向けに造っている銘柄が「玄」で、その生貯蔵酒が冷蔵保存で販売していたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみるとすっきりとした軽めの口当たり。米の甘い旨みが程よくフルーティーな口当たりで刺激もそこまで強くなく、優しい触感で最初の印象は飲みやすそうな感じです。口に含むと少し酸味の効いた味わいのあとでキリッとした辛味を感じます。そのあとはドライな喉越しで口の中は少しヒリヒリした感じになり、だんだんと薄れていく感じでしょうか。キンキンに冷やして飲むとすっきりしたフルーティーな軽めの印象ですが、少し温度が上がってくると米のまろやかで少しねっとりとした舌触りになり、旨みがだんだんと滲み出てくる感じになってきます。味わいが少し変化してきますが、この温度帯でも飲みやすく、全体的にはしっかりとした味わいながらもすっきりとしているので夏場の暑い日でもしつこさを感じず爽快感を感じます。さっぱりとした料理と合わせても飲みやすく、気がつけばついつい飲んでしまうお酒でした。

道の駅「砺波」で購入しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別