FC2ブログ

苗加屋「琳青(りんのあお) 純米吟醸 無濾過生原酒」 (若鶴酒造)

DSC03668.jpg
銘柄:苗加屋「琳青(りんのあお) 純米吟醸 無濾過生原酒」
製造:若鶴酒造
種類:純米吟醸
酒米:雄山錦

淡麗辛口酒が主流の時代に濃醇旨口のお酒をということで1999年から販売されている若鶴の別名柄のお酒「苗加屋(のうかや」には火入れの「玲」と無濾過生原酒の「琳」があります。以前、淡麗系の越後杜氏の時に濃厚系の南部杜氏を向かい入れ、2系統で競いながら酒造りをされていたのを現杜氏が学んで融合させたのがこのお酒なんだそうです。無濾過生原酒には兵庫県産山田錦で作られた琳赤と富山県産雄山錦で作られた琳青がありますがせっかく富山の地酒を楽しみたかったので琳青を選択してみました。料理と同じで日本酒には味だけでなく地域性も要求されるようになってますし、個人的には多様性があるほうが楽しいのでいわゆる地酒を選択しがちです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少しリンゴのような甘酸っぱさが混ざる麹の香りです。飲んでみると少し酸味の効いた、甘い旨みが口の中に広がってきます。少し渋みのある完熟リンゴのような甘さがしっかりと感じられますが、ねっとりした濃厚さは感じず意外とさらりとした舌触りなのは程よい酸味があるためでしょうか。少し温度が上がってくると酸味が強くなり、リンゴのような味わいに深い旨みが混ざり合って最後にピリッとした辛味でしめてきて、これもまた好みの味わいです。深い艶やかな旨みは繊細な料理にも合うと思いますがどちらかというと肉料理の方が相性が良さそうなしっかりとした味わいのお酒でした。

道の駅「砺波」で購入しました。
※ラベルにはわかり難いですが「特別純米」と書かれていますがHPでは純米吟醸しかなく、購入したお酒は先日瓶詰めされたばかりみたいで、どちらの表記が正しいのかは不明(正直どちらでも良いのだが)でしたが、HPを基準にしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別