FC2ブログ

宮寒梅「純米吟醸 ハロウィンラベル」(寒梅酒造)

DSC04491.jpg
銘柄:宮寒梅「純米吟醸 ハロウィンラベル」
製造:寒梅酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

普段はシンプルなラベルが特徴の宮寒梅ですが、このラベルはハロウィン限定ラベルで猫があしらわれております。東日本大震災で全壊した蔵を再開へ導いた全国の有志の方々へ恩返しの意味で作られたお酒で、このお酒の売り上げは災害復興に寄付されるようになっているそうです。自分が初めて飲んだ宮寒梅は東日本大震災のあとの純米酒(現在生産無し)でしたが、当時はそんなことを知らずに購入して飲んで、こんなにうまい酒があるものかと感動を覚えた一品でもありました。現在は純米吟醸45%と大吟醸40%がメインで作られているため、このハロウィンラベルのように55%で酒米も不明なものは少し珍しい立ち位置と言えますが、ハロウィンは終わってましたが中身は終わっていないだろうとのことで購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとピリッとした刺激のある口当たりです。酸味の効いたフルーティーな舌触りとドライな刺激のピリ辛な喉越し、まろやかで奥行きのある米の旨みがうまく混ざり合っている感じは芳醇辛口といったところかな。単純にフルーティーとか辛口とかわかり易い味わいではなく、旨みに苦味に酸味に辛味にと複雑で深い味わいになっていますので、最初はピリ辛が強調されていても、だんだんとその中に隠れている旨みがヤミツキになります。円熟した旨みを堪能しているとついつい秋の味覚を堪能してみたくなってしまう、そんな感じのお酒です。普段のむ宮寒梅とは違う、晩酌向けのお酒でした。

石原酒店で購入。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別