FC2ブログ

伝心「冬 しぼりたて生酒」(一本義久保本店)

DSC04597.jpg
銘柄:伝心「冬 しぼりたて生酒」
製造:一本義久保本店
種類:本醸造
酒米:五百万石

恐竜で有名になった勝山市で酒造りを営んでいる一本義久保本店の主要銘柄は「一本義」ですが、「伝心」は地元で作られた米と地元の水などなど地元のもので構成された限定流通のお酒です。蔵の直営店でこの時期になるとしぼりたてが販売されているのですが、一本義と伝心はどちらもしぼりたてがあるため、お店の人に話を伺うと精米歩合がわずかに違うだけで使っているコメや水は一緒とのこと。値段もほとんど変わらなかったため、飲んだことのない伝心をいただくことにしました。雪だるまの入った綺麗なラベルです。

冷酒で飲ス、うまい!!
麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみるとキリッとした辛口のお酒です。辛口の刺激の中に少しフルーティーで酸味のある甘い旨みが見え隠れし、その後からじわじわとくる程よい甘さと苦味が心地よい味わいです。全体的には角のあるはっきりとした味わいが新鮮で、刺激のある口当たりにトロッとした舌触り、旨み苦味に続いてドライな喉越しで、熱い鍋なんかいただきながら飲むと心地よさで体も火照って気持ちよくなってきます。少し温度を上げて常温くらいで飲んでみると少し刺激が丸くなり、綺麗な旨みで飲みやすくなりますが、しぼりたてのフレッシュ感が大幅ダウンするので、好みが分かれるかな。ただ単に万人受けする綺麗なお酒ではなく、少し癖があって好みの分かれる、どこかしら田舎臭いところがとても好印象な地酒的なお酒でした。

蔵の前にある多分直営店で購入しました。他にも色々なお酒を飲むことができるようでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別