FC2ブログ

伝心「稲 純米酒」(一本義久保本店)

DSC04598.jpg
銘柄:伝心「稲 純米酒」
製造:一本義久保本店
種類:純米
酒米:越の雫

伝心「冬 しぼりたて生酒」の次に購入したお酒は通年販売の純米酒。しかしながらレギュラー商品だからといって侮れず、使用している越の雫という米は奥越前で平成15年に品種登録されたばかりの新しいお米で、勝山市周辺以外では作られていない希少な酒米で、それをふんだんに使ったお酒なのでまさに地酒といえる存在感を示すお酒とも言えます。ラベルは季節限定と逆バージョンみたいな感じでしょうか。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
グラスに注ぐと麹の香りが漂う透明のお酒です。飲んでみるとふんわりとした滑らかな口当たりのお酒です。刺激が少なく、米の艶やかな旨みがさらりと口の中に広がってきます。米の甘さと旨さがうまく混ざり合い、ほんのちょっぴりの酸味がアクセントになって美味さがとても引き立っています。角の取れた、最初から最後までいつまでも柔らかい旨みが高いレベルで堪能でき、単品で飲んでもいけるし、幅広い料理と合わせても、全てを包み込んでくれるかのような柔らかい酒質は、酒米「越の雫」によるものでしょうか。季節限定の尖ったお酒の味わいも良いですが、レギュラーの熟成したふくよかな味わいも捨てがたく、一本義のレベルの高さを感じるお酒でした。

蔵の前にある多分直営店で購入しました。お店のお姉さんは季節限定を押してきましたが、他のお酒も自信を持っていいのではと少し思ってしまいました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別