FC2ブログ

一本義「春之純米酒 アラバシリ」(一本義久保本店)

DSC06504.jpg
銘柄:一本義「春之純米酒 アラバシリ」
製造:一本義久保本店
種類:純米
酒米:五百万石

一本義のある勝山市は福井市から永平寺を超えたところにあり、恐竜で有名な町として知られています。レトロでシンプルなラベルが綺麗な一本義は福井県内でも嶺北がメインで嶺南になるとたまに見かける程度(岐阜の郡上あたりでもたまに見かけますが)のお酒が名古屋のスーパーで売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな吟醸香の飴色のお酒です。澱は本当のちょっぴりある程度。飲んでみるとピリッとした辛さを感じる口当たり。フレッシュな刺激があらばしりらしいメリハリのあり、その後から広がるとろみのある柔らかい旨みがとても心地よい味わいです。このとろみのある旨みがメロン果汁を彷彿させるフルーティーな印象で、飲めば飲むほどこの深い旨みにハマって次から次へ飲んでしまえます。五百万石のお酒って淡麗なお酒が多い印象でしたが、このお酒の程よい旨みは良い意味で裏切られました。春の季節限定のお酒ですが、この旨みであれば少し味の濃い料理にも合わせれますし、フルーティーな味わいは繊細な料理とも合わせられ、年中楽しめそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入。スーパーとは思えぬ酒の揃えに毎回驚きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別