神鶴「生貯蔵酒」(鶴見酒造)

DSC03610.jpg
銘柄:神鶴「生貯蔵酒」
製造:鶴見酒造
種類:本醸造
酒米:不明

大吟醸クラスからパック酒クラスにまで山廃仕込みを中心として酒造りをしている鶴見酒造の生貯蔵酒を購入。山廃の生貯蔵酒って組み合わせはそんなに多く無いのでどんなものかと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは米麹のしっとりとした香りです。少し飴色のお酒を飲んでみると本醸造生貯蔵酒にありがちな清涼感たっぷりすっきりな感じとは違い、じっとりとした軽快な米の旨みが出ている感じ。山廃にありがちな強い酸味もほどほどな感じで全体的全体的に軽快ですが軽すぎず程よく優しい旨みがあるような感じ。あまり個性が強くなく完全に引き立て役な感じですが飲みやすい印象で、実りの秋の味よりかは夏のさっぱりとした料理の方が相性が良さそうなお酒でした。

酒のすぎたで購入。

蜂龍盃「純米 本造り 龍」(森山酒造)

DSC02195.jpg
銘柄:蜂龍盃「純米 本造り 龍」
製造:森山酒造
種類:純米
酒米:山田錦

蜂龍盃は愛知県の奥三河で作られるお酒の一つ。ほぼ地元で消費されてしまうため、なかなかお目にかかれないことでも知られる幻に近いお酒ですが、たまにこのブログでも登場します。新城の日野屋商店が廃業したためこちらも危ないかなと思っていたら、今年になり突然新作を出してきたとのこと。本造り龍の本醸造はこれまであったらしいですが純米は初めてかもとのこと。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは少し麹の香りのついたほぼ透明なお酒。飲んでみると香りとは裏腹に結構刺激のある辛口のお酒です。アルコール度が少し高めのためかピリピリとくる口当たり、酸味が強くコクもなかなか強くて口の中に一気に広がってくる重厚感がたまりません。熱燗にするとまろやかになり飲みやすくはなりますから、この刺激が苦手な人は熱燗で。実りの秋、味わい深い料理と一緒に・・・・というより寒い冬に濃い味付けの料理と一緒に飲み、体を熱くしてくれそうなお酒でした。

岡本屋酒店で購入。蜂龍盃

徳川の華「純米大吟醸」(丸石醸造)

DSC02259.jpg
銘柄:徳川の華「純米大吟醸」
製造:丸石醸造
種類:純米大吟醸
酒米:大地の風

徳川家康や三河武士の銘柄で知られる丸石醸造が造る酒のすぎた限定のお酒。使用している米は大地の風という西三河人以外にはあまり聞き慣れないであろう米ですが、豊田市やその周辺では学校給食でも用いられる食用米として知られる米ですね。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香り。飲んでみるとすっきり透明感のある辛口のお酒です。後からほんのりジワリとくる米の旨みを感じていると辛口でドライな喉越しですぐにすっきりしてきます。比較的軽めで飲めるので暑い夏にちょうど良い感じ。料理もあっさりとした味付けのものと相性が良さそうなお酒でした。

酒のすぎたで購入。純米大吟醸ですが¥1660ほどとコスパも良いお酒でした。あれ、最近PB酒続いているかな。

なおい「純米原酒」(藤市酒造)

DSC01436.jpg
銘柄:なおい「純米原酒」
製造:藤市酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

裸祭りで知られる愛知県稲沢市のお酒。最近は「菊鷹」の銘柄で売り出している藤市酒造ですが、裸祭りの時によく見かけるお酒「なおい」を作っています。銘柄の「なおい」も裸祭りの正式名称「なおい神事」からつけられております。ただ季節物のお酒のため裸祭りの期間以外ではほとんど見かけないローカルなお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
常温販売されておりましたが、お店の人がいうには冷酒がオススメとのこと。開栓すると香りはほんのり麹の香りのやや褐色のお酒。飲んでみると結構濃厚で刺激のある口当たり。酸味の少し効いた米の旨味のしっかりと乗った比較的濃厚な豊かな味わい。原酒の濃厚な味わいですがくどさはそこまでではなく、夏場でも比較的さっぱりと飲めるのは酸味が少し効いているからか。飲んでいるとだんだんと馴染んで飲み続けてしまえるお酒でした。

名鉄国府宮駅の近くにある大津屋で購入。小さい酒屋さんですが藤市酒造の方と古い知り合いのためか通年「なおい」を販売できるのは現在はこのお店だけのようです。上撰と純米原酒の2種類あり、純米原酒は瓶と徳利の2種類。量は同じだが入れ物がおしゃれな徳利は500円ほど高い。純米原酒と言っているが精米歩合40%とかなり贅沢な作りです。

朝日嶽「手筒花火」(日野屋商店)

DSC00974.jpg
銘柄:朝日嶽「手筒花火」
製造:日野屋商店
種類:大吟醸
酒米:若水

昨年廃業した日野屋商店のお酒。一升瓶しか無いのでなかなか買いにくかったお酒ですが機会があり購入。手筒花火の大きな入れ物が特徴でなかなか面白いお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香。飲んでみると少しピリ辛で熟成した旨味のあるフルーティーな味わいのお酒です。結構ドライで喉越しすっきり。あとからジワリとくる米の甘い旨味が大変美味しくいただけます。淡麗しすぎず丁度良い旨味の辛口な印象で大変美味しくいただけました。刺身なんかと丁度よく相性の良いしっかりとした味のお酒でした。

もらいもの。でも朝日嶽だいぶ手に入りにくくなってきました。

蓬莱泉「純米大吟醸 150周年記念酒」(関谷酒造)

DSC00521.jpg
銘柄:蓬莱泉「純米大吟醸 150周年記念酒」
製造:関谷酒造
種類:純米大吟醸
酒米:夢山水

蓬莱泉の「吟」の魚のラベルと同じ人が書いたもので、魚の骨だけになり般若心経があしらわれたブルーボトルの綺麗なラベルのお酒です。愛知の酒米である夢山水を30%まで磨かれたお酒だそうです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはとてもフルーティーな吟醸香。飲んでみると完熟マスクメロンのような甘くフルーティーな味わいです。舌に広がる甘い甘みがとても美味。程よい濃さの旨みがだんだんと引いていく後味が大変心地良い余韻に浸れます。軟らか過ぎず固すぎず丁度良い口当たりとこの味なら万人受けしそうな美味しいお酒でした。

もらいもの。偶然かこのブログの愛知県の酒100本目記念だったり、ってブログ書いていてふと気づきました。

鷹の夢「純米原酒 コンセプトゼロ Age-01」(山盛酒造)

DSC00181_20150717200847063.jpg
銘柄:鷹の夢「純米原酒 コンセプトゼロ Age-01」
製造:山盛酒造
種類:純米
酒米:五百万石

名古屋市の大高といえば桶狭間の戦いの地の一つで、歴史のある街の一つ。大高城址の麓に幾つか酒蔵があり、その一つが山盛酒造さん。そのなかで新しいコンセプトでこだわりを持って醸されているのがこの「コンセプトゼロ」シリーズ。一升瓶と4合瓶がそれぞれ210本しか生産されない限定品みたいなお酒で、熟成により飲み方を工夫してねとのこと(飲んでから知った)。その1年目のお酒がこれでした(今はHPでもAge-02、つまりこのシリーズが出て2年目ということらしいです)。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほのかに香る甘い麹の香りです。飲んだ瞬間から口のなかがなかなか辛く刺激的なお酒です。酸の効いたインパクトのある口当たりの次に旨味が程よく口の中に広がってきてちょうど良い濃さの旨味です。それでいて喉越しが良く結構後味すっきりな仕上がりです。コンセプトの内容知っていたらもう少し熟成させても良かったかもと思わせる飲んでいて気分良く酔えるお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。予備知識もなく何気なく買ったお酒でした。

木曽三川「氷の精」(内藤醸造)

DSC00082.jpg
銘柄:木曽三川「氷の精」
製造:内藤醸造
種類:純米
酒米:夢山水

たまたま蔵の人が店で紹介しながら販売していたので購入。お店の人は「虹のしらべ」を進めてきましたが、ここのところ蒸し暑い日が続いていたので少し軽めのお酒にしようと思い、こちらを購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い香りの吟醸香。飲んでみると柔らかい口当たりでするりと口の中に入ってきます。アルコール度が14度と少し低めのためか刺激は少なめなので柔らかく感じてしまうのかも。さっぱりフルーティーながらもあっさりしすぎず、ほのかに甘い旨味が口の中にしばらく余韻として残ります。重厚感は少なく、暑い夏にさっぱり飲みたい時にちょうど良いお酒でした。

覚王山フランテで購入。

華名城「特別純米酒」(原田酒造)

DSC09349.jpg
銘柄:華名城「特別純米酒」
製造:原田酒造
種類:純米
酒米:若水

名城大学農学部で採取されたカーネーションの花酵母と知多産若水を使って作られたお酒。名城大学が主体となり、以前から名城大学と交流のある原田酒造がコラボして作られたお酒が華名城。ラベルもとてもおしゃれで日本酒とは思えない雰囲気。ラベルの下のほうには「名城大学」と原田酒造の「生道井」がプリントされております。華名城は「はなのしろ」、生道井は「いくじい」とどちらも難解な名称なのが面白い。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはあっさり華やかな甘い花の香りのするお酒。お酒の色はやや黄色の混ざった透明な色をしています。飲んでみるととても甘く濃厚な果実を連想させる華やかなお酒です。米の味というよりは、甘口白ワインを飲んでいるかのような感覚です。濃厚な甘い味ながらもくどくなく、大変美味しくいただけます。ワイングラスに注いでそっとさしだせば、米の味がしないのでだれも日本酒とはおもわず白ワインだと思って飲めてしまえるお酒です。大吟醸のフルーティーな甘さとは全く方向の違う、ワインに似た味わいのお酒でした。

覚王山フランテで購入。名城大学や周辺でも一部のお店で取り扱いがあるようです。

不老門「純米」(伊勢屋商店)

DSC09257.jpg
銘柄:不老門「純米」
製造:伊勢屋商店
種類:純米
酒米:不明

道の駅で見かけたお酒。長篠の戦いの屏風絵を見て、懐かしい、朝日嶽の3年古醸酒だ、廃業したからもう手に入らないぞと思ってよく見たら別の蔵でした。「公楽」でしられる伊勢屋商店の銘柄の一つ「不老門」の純米酒でした。

冷酒、ひやで飲ス、うまい!!
香りは麹のしっかりした香りがします。飲んでみるとしっかりとした麹の香りと味のある旨みぎっしりの日本酒らしいお酒です。結構辛口でドライながらも飲んでいると口の中に馴染んで旨みがしっかりと感じられるようになります。冷酒よりもひやの方が口当たりがマイルドな辛口になり後からぎっしり旨みが襲ってくるお酒です。フルーティーとは無縁のしっかりとした米の旨みのうまいお酒でした。

道の駅「もっくる新城」で購入。新城市の道の駅なのに豊橋のお酒とは・・・といっても長篠の戦いの屏風絵だから関連はあるからよいか。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別