FC2ブログ

青雲「久波奈 特別純米」(後藤酒造場)

DSC09382.jpg
銘柄:青雲「久波奈 特別純米」
製造:後藤酒造場
種類:純米
酒米:山田錦+神の穂

ライトアップが全国的に知られている「なばなの里」のお土産屋で見かけたお酒です。ラベルを見ると英語表記がされていたりと海外向けに作られているためか結構おしゃれなデザインのラベルをしており気になって購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香です。飲んでみるとフルーティーな甘い旨味とドライな喉越しのある刺激的な辛口が一緒に口の中に広がってくる所です。少し刺激が落ち着いてくるとメロンの様な果実の甘い旨味が口の中にさらに広がってきます。結構しっかりとした深みのある芳醇な旨味で飲んでいてとても良い気分にさせてくれるお酒でした。

なばなの里で購入。

鈴鹿川「純米大吟醸」(清水醸造)

DSC07552.jpg
銘柄:鈴鹿川「純米大吟醸」
製造:清水醸造
種類:純米大吟醸
酒米:不明

全国的に名前が知られる鈴鹿市。そのなかで日本酒を造る蔵はこの一つしかありません。それでも三重県は酒蔵がまぁまぁあるのは、良質な水があることや米どころであることだと思います。鈴鹿市唯一の酒蔵で造られたお酒が鈴鹿川で純米大吟醸が小瓶で売っていたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは素直な吟醸香。飲んでみると少し辛口でやさしい米の旨味のあるフルーティーな感じのお酒です。軽くドライなのど越しで透明感のある旨味がその後から口の中に広がってくる感じで大変飲みやすいお酒です。その後はしばらく口の中に米の旨味が広がり余韻に浸れるお酒でした。

ドライブイン関で購入しました。

伊勢物語「純米吟醸(タカハシ酒造)

DSC07550.jpg
銘柄:伊勢物語「純米吟醸」
製造:タカハシ酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

タカハシ酒造と言えば、伊勢神宮にお神酒出していることで知られている蔵です。それだけでなく、発砲日本酒をはじめに売り出したとも言われています(発砲するのはどこの蔵でもありますが実際に販売し始めたのがってこと)。名前は伊勢物語ですが四日市のお酒ですがギャップが面白そうでしたので買ってみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほのかに香る日本酒の麹の香りです。飲んでみると驚く程に癖が無くて大変飲みやすいお酒です。フルーティーな感じでもなければ麹のような感じでもない、至って普通に飲むことができます。お酒が主役じゃない、主役は料理だよと言われているかの如くスッキリとした飲み応えです。万人受けする薄口のお酒で、あっさりした刺身なんかと相性がよさそうな感じでした。

ドライブイン関で購入。

酒屋八兵衛「純米ひやおろし」(元坂酒造)

DSC05254.jpg
銘柄:酒屋八兵衛「純米ひやおろし」
製造:元坂酒造
種類:純米
酒米:山田錦+五百万石

秋だけの限定酒(ひやおろしだから当然と言えば当然ですが)です。フレッシュなお酒とは真逆に位置するお酒といえる円熟した味わいが好みで飲んでみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りは日本酒の麹の香りが漂う印象です。冷酒で飲んでみると少し刺激の強いお酒という印象ですが、少し温度を上げてひやか常温辺りまで御尾を上げると大変マイルドで飲みやすいお酒になります。刺激の強さは同程度であるが深みのあるコクを持ったお酒になります。案外されりとしていてあっという間に喉の奥に流れて一ってしまうような印象です。熱々のご飯と一緒に飲んでみたい印象でした。

丸又商店で購入しました。

半蔵「山廃純米ひやおろし原酒」(太田酒造)

DSC05315.jpg
銘柄:半蔵「山廃純米ひやおろし原酒」
製造:太田酒造
種類:純米
酒米:五百万石

忍者の里として有名な伊賀。「半蔵」と言えば伊賀出身の服部半蔵。もうこれだけで購買意欲がかき立てられてしまったのは言うまでもない。たまたま伊賀のお酒が並んでいて、どれも魅力的だったのですが特に惹かれたのがこのお酒でしたので購入です。

冷酒、ひやで飲ス。うまい!!
箱から開けると箱と瓶のフォントが微妙に違う・・・どちらもかっこいいからいいんですが。香りは麹の香りがしっかりと漂ってくるような印象です。飲んでみると濃厚でしっかりとした米の旨味がぎっしり詰まったようなお酒です。原酒でアルコール度が高めの割には口の中への刺激が少なく、大変マイルドに仕上げられている印象です。コクのある深い味わいやまろやかで角のない優しい口当たりなど熟成した整った味わいは最高です。温度があがってくるとさらに優しい口当たりとなり刺激が少なくて円熟した味わいのお酒になります。しっかりとした秋の味覚たちに負けることのない味わいを持ちつつ、上手に料理の味を引き立ててくれる感じのお酒でした。

名阪上野ドライブインで購入。たまたま伊賀物産展をやっていて他にも色々なお酒が並んでいましたが、ついついラベルがかっこ良い半蔵に手が出てしまいました。ラベルに負けぬ旨味のあるお酒です。

伊勢正宗「独眼竜純米」(丸彦酒造)

DSC01373.jpg
銘柄:伊勢正宗「独眼竜純米」
製造:丸彦酒造
種類:純米
酒米:不明

丸彦酒造は三重の寒梅を作る蔵です.伊勢正宗はそのなかで比較的安価なお酒の一つとしてスーパーなどに卸されているお酒です.どのあたりが伊達政宗と関係があるかはわかりませんが,「独眼竜」なんかは政宗を意識したんだろうと思うお酒です.

ひや,熱燗で飲ス.うまい!
香りは麹の香りがしっかりあります.飲むと比較的アッサリした旨味のあるお酒でやや辛口な位の印象です.酸味などもそんなに強くなく至ってシンプルなお酒です.熱燗にすると少しまろやかになり旨味もよく感じられ飲みやすくなってきます.なんとなく熱燗にして和食とともに軽く飲むのが合いそうなお酒でした.

松坂屋ストアで購入.野口英世でオツリがくる純米酒には驚きです.

義左衛門「純米吟醸 生」(若戎酒造)

DSC09344.jpg
銘柄:義左衛門「純米吟醸 生」
製造:若戎酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

スーパーでお酒をふと見た所とても綺麗なラベルを発見.美しすぎて手を伸ばしてしまった一品です.実はラベルの美しさに見とれ,しぼりたてと間違えて買ってしまったという間抜けな出来事ではありましたが,間違えても何ら問題無しと思えるものでした.

冷酒で飲ス.うまい!!
飲んだ瞬間から口の中にはフルーティーな味わいが広がっています.刺激が少なく本当に果実のみが口の中に入ってきたような印象です.飲みやすいなぁというのが第一印象.味わいそのものはとても透明感があり,それでいて旨味だけがしっかりと口の中に広がってきます.スッキリしている訳でもないのにこの飲みやすさはなかなかの物です.気がつけばあっという間に口の中に入れてしまうほどのお酒でした.

高見の成城石井で購入.若戎酒造のラベルはどれも秀逸.これだけでも購買意欲がわいてしまうから不思議なところです.それでいておいしいですね.

酒屋八兵衛「山廃純米 無濾過生原酒」(元坂酒造)

DSC08922.jpg
銘柄:酒屋八兵衛「山廃純米 無濾過生原酒」
製造:元坂酒造
種類:純米
酒米:山田錦+五百万石

山廃純米生原酒の春バージョンです.なので半年前くらい経過したお酒です.もちろん冷蔵保存されています.本数に限りがあるので契約販売なのだそうです.なので貴重と言えば貴重なのかな.まぁそんな事は”全く”考えずに冷蔵庫の中で新聞紙に包まって売っていたので何も考えずに購入してみました.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りはフルーティーな吟醸香.一口飲むと口の中に濃厚な味わいが一気に押し寄せてきます.少し辛口で酸味のある味で,その刺激の後からは米の旨味がジワーりと広がってくる印象です.広がってくると口の中にしつこいと思わせる程の濃厚な味わいを残し,その後も濃厚な味わいが口の中にしばらくとどまります.少し飲むだけでもしっかりと日本酒の味わいを堪能できるお酒でした.

マルアで購入.色々な種類のお酒があって楽しめます.冷蔵保存されている物が多く選ぶのにいつも難儀します.

義左衛門「純米吟醸」(若戎酒造)

DSC08483.jpg
銘柄:義左衛門「純米吟醸」
製造:若戎酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

若戎酒造の出す銘柄の一つです.とてもデザインが良くて一際目につき,ついつい買ってしまったお酒です.若戎が結構おいしかったのでこれはどんな味だろうかと少し興味がありましたけどね.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りはそこそこ香りたつ吟醸香.飲み口はあまり辛くもなくナチュラルな口当たりです.口に入れた瞬間から感じるのはフルーティと言うよりは透明感のあるさわやかな米の旨味といった感じです.旨味の主張がしっかりしていてそれでいて少しある酸味が丁度良い味に仕立てている感じです.旨味と少しある酸味のバランスがとても良く,旨いと普通に思えてしまえるお酒でした.

碧南の山八酒店で購入.

酒屋八兵衛「山廃純米酒 酒米伊勢錦使用」(元坂酒造)

DSC04592.jpg
銘柄:酒屋八兵衛「山廃純米酒 酒米伊勢錦使用」
製造:元坂酒造
種類:純米
酒米:伊勢錦

三重県は酒米の産地としても知られ,山田錦の親である山田穂の産地が三重県の伊勢市山田地区であることが有名なところでしょう.そんな町では伊勢錦という大粒の米も作られていました.しかし戦争による食料不足から,背が高い伊勢錦よりも,品種改良された食用米が作られるようになり,伊勢錦は昭和25年に姿を消してしまったそうです.その米を復活させたのが元坂酒造で,日本酒を作り始めました.まさに地酒というにふさわしいお酒であると言えます.

冷酒,ひやで飲ス.うまい!!
香りはそんなに強くはなく,ほんのりと日本酒の麹の香りがする程度です.飲んでみると一口目はやや強い刺激を感じますが,二口目からは思いのほかあっさりした味わいを感じます.山廃純米酒ですが淡麗辛口という言葉がぴったりな気がします.ただし本醸造酒と違ってスッキリしておらず,透明感のある米の旨味が口の中全体に広がってきておいしいです.その後は常温くらいまで戻して飲んでみましたが,少し刺激が和らぎ飲み易くなってきます.クリアーな感じはそのままに旨味が少し強く感じられ,おいしいですね.後味は何となく甘い感じが残り幸せな気分にもなれるお酒でした.

マルアで購入.元坂酒造のお酒も複数取り扱っているので,迷ってしまうのが難点です.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別