裏高砂「純米山田錦 生原酒」(富士高砂酒造)

DSC00256.jpg
銘柄:裏高砂「純米山田錦 生原酒」
製造:富士高砂酒造
種類:純米
酒米:山田錦

富士宮浅間大社のすぐ近くにある富士高砂酒造。富士山の伏流水を使った綺麗なお酒を作られています。浅間大社を流れる川の水は感動すら覚える綺麗な水で、それを使ってお酒を作られているなんてなんとも羨ましい感じです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり香る麹の香り。飲んでみるとトロっと甘く濃厚な米の旨味がみなぎる口当たり。舌に絡みつくフレッシュで純粋な甘さが大変心地よく、それでいてクドさが無いためベトベトさは感じず、非常に綺麗な旨味を感じられるお酒です。どっしりしているのに重さは感じず、かといって軽いこともなく飲んでいて食事も進むお酒でした。

富士高砂酒造で購入。裏高砂シリーズは蔵以外での販売はしていないため直接足を運ぶしか無いようです。

花の舞「純米吟醸生原酒」(花の舞酒造)

DSC06494.jpg
銘柄:花の舞「純米吟醸生原酒」
製造:花の舞酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

日本の真ん中を分断するように流れる天竜川沿いには幾つか酒蔵が存在する。特に伊那谷に多くあるが、最後の河口近くで酒作りを行っているのが花の舞酒造。静岡県産山田錦にこだわりがあるようで、いろいろなお酒が山田錦で作られている様子。で、このお酒は去年の夏ころから販売が始まった純米吟醸の生原酒。ホームページを見ると賞味期限は6ヶ月になってますが、日本酒で賞味期限を明記することは珍しいなと思ってしまいました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほのかに香る吟醸香の飴色のお酒。飲んでみると重厚感がありながらもフルーティーで飲みやすく仕上げられている感じです。米の甘い旨味が堪能しつつ飲み易いのに軽さはなく全体的にしっかりとした味わい。後味も舌に残るまったりとした旨味がなんとも言えず心地よいです。夏に軽く爽やかに飲むのが良いと記載されてましたが、冬の熱い鍋と一緒のいただいても決して負けることなく料理を引き立ててくれるお酒でした。

酒のすぎたで購入。

臥龍梅「純米吟醸 秋あがり」(三和酒造)

DSC03980.jpg
銘柄:臥龍梅「純米吟醸 秋あがり」
製造:三和酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦、五百万石

イオンで臥龍梅のひやおろしを見かけたので購入。いつも通りの臥龍梅のラベルに「秋あがり」の小ラベルが貼ってあるものです。でも臥龍梅のHPの蔵頼り8月でみると、今年の秋あがりは浮世絵のラベルみたいなんです。もしやこのシンプルなラベルはイオン限定(偶然か)?こんなところまで手が伸びているのか。

冷酒、常温、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはそんなに強くなく、ほのかに香る麹の香りの少し飴色のお酒。冷酒で飲んでみると少し刺激のある酸味の少ない辛口。ただなんとなく米の旨みがボケて飲みにくいかなという印象。少し温度を上げて常温くらいで飲んでみると旨みが生き生きとしてきて飲みやすくまったりまろやかな味わい。このまったりとした旨みが美味しい。熱燗にすると少し甘みが強くなってきて印象が少し変わってきます。単品で飲むなら熱燗で甘くいただくのも良さそうでしたが、今日食べた焼き鮭と相性が良いのは常温くらいで飲むのが丁度良く、食の進むお酒でした。

モゾワンダーシティで購入。案外色々取り揃えがあって驚く。そのうちトップバリュー日本酒なんて出てきたりして・・・・

花の舞「日本刀(花の舞酒造)

DSC01702.jpg
銘柄:花の舞「日本刀」
製造:花の舞酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

花の舞酒造が作る海外輸出向けのお酒。日本刀と書いて「かたな」と読ませ外国人受けを狙ったネーミングと思われる。ラベルも英語表記が多く1999年頃よりアメリカなどに輸出しているものだそうです。その国内限定販売品(逆輸入?)がこのお酒。海外向けのためかホームページにも載っていないので詳細不明ですが「Extra DRY」が売りみたいなお酒のようです。

冷酒、ぬる燗で飲ス、うまい!!
香りはしっとりとした麹の香り。飲んでみると少し刺激のある辛口のお酒。程よく感じる米のまったりとした旨味がなんとも言えず美味しいです。しっかりとした深い米の旨味が口の中いっぱいに広がってきた後でキリッと辛口で締める感んじなので食中酒としてとてもよく、いろいろな料理との相性も良さそう。日本人からすると超辛口というほどでもないが外国人からみたら超辛口かもという感じか。海外輸出向けはどちらかというと飾られたお酒が多いですが、ザ日本酒といったものをそのまま輸出しているのはとても好感の持てるお酒でした。

酒やビック稲沢下津店で購入。

初亀「純米酒」(初亀醸造)

DSC08867.jpg
銘柄:初亀「純米酒」
製造:初亀醸造
種類:純米
酒米:雄山錦

1636年に静岡で創業した歴史ある酒蔵。高級酒の先駆けとなるお酒を作り出したことでも知られる蔵でもあります。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり吟醸香。飲んでみると結構ドライな口当たり。そのあとからフルーティーな甘みとドライな喉越しが同時に来る感じ。純米ながらも比較的すっきりとまとめられている感じ。飲めば飲むほどエクストラドライな感じで口の中がカラカラになり、ついつい他のものに手が伸びてしまうお酒でした。



酒主人で購入しました。

高砂「誉富士 純米吟醸原酒」(富士高砂酒造)

DSC08572.jpg
銘柄:高砂「誉富士 純米吟醸原酒」
製造:富士高砂酒造
種類:純米吟醸
酒米:誉富士

富士山信仰の本丸である浅間大社の少し西にある酒蔵です。水は豊富な富士山の水を使い、静岡の米である誉富士、静岡酵母を使ったオール静岡な地酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少しセメダイン臭のある吟醸香のやや褐色のお酒です。飲んでみると結構辛口で刺激のあるお酒です。セメダインのような味と濃厚な米の旨みが混ざり合ったような印象で結構酸味が強く個性のある原酒です。温度が上がるとコクのある濃厚な味わいが強くなり、吟醸酒ながらもしっかりとした味を堪能できます。好みが分かれそうなお酒でした。

吹上駅近くのあおき酒店で購入。

追記
開栓して数日してから飲むとセメダインのような刺激は薄れ、ほんのりとした優しい旨みに変わり、しっとりとしたコクのある飲みやすいお酒になりました。

富士錦「純米樽酒 ゼブラ」(富士錦酒造)

DSC03161.jpg
銘柄:富士錦「純米樽酒 ゼブラ」
製造:富士錦酒造
種類:純米
酒米:不明

富士サファリパークのお土産で購入したものです。製造元は富士錦ですが、富士サファリパークオリジナル酒として作られているようです。いろいろな動物のラベルがありましたが黒瓶のゼブラにしてみました。

冷酒、熱燗で飲す、うまい!!
香りはしっとり香る麹と杉樽?のような香りです。飲んでみると結構濃厚でしっかりとした味を感じます。重厚感がある米の旨みがぎっしり詰まったかのような味わいで、舌にいつまでも残るねっとりとした余韻がなんとも言えません。刺激はそんなに強くはなく辛口すぎず酸味もほどほどな感じですがなんとなく木の香りのような味がいつも付いてきます。軽快に走るゼブラとは全く印象の異なる重厚感のある芳醇なお酒でした。

富士サファリパークで購入。他にもいろいろな動物のお酒がありました。

喜久酔「吟醸」(青島酒造)

DSC01340.jpg
銘柄:喜久酔「吟醸」
製造:青島酒造
種類:吟醸
酒米:山田錦

藤枝にあるそこそこ人気のある「喜久酔」の吟醸酒を見かけたので購入してみました。何度か喜久酔は見かけているのですが、吟醸酒は初見でした。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのりフルーティーな吟醸香。飲んでみるととても口当たりがやさしく、まろやかでフルーティーな旨味があります。酸味はそんなに強くなくドライな辛口で飲みやすくスッキリしております。とても飲みやすいようにバランスがとられているのか、何度飲んでも飲み飽きせずについつい飲み過ぎてしまうお酒でした。

まるなか大橋商店で購入しました。

千寿「純米吟醸しぼりたて原酒」(千寿酒造)

DSC01338.jpg
銘柄:千寿「純米吟醸しぼりたて原酒」
製造:千寿酒造
種類:純米吟醸
酒米:五百万石

昨日に引き続き千寿酒造のお酒で期間限定のしぼりたて原酒を飲んでみました。一応340本限定のようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い米の芳醇な香りがします。飲んでみると少しフルーティーで比較的ナチュラルな深い味わいのあるお酒です。12月に瓶詰めされているためかフレッシュな感じはあまりなく、角のとれたまろやかな舌触りです。原酒にありがちな強い刺激はあまり無く、マイルドな口当たりと味わい深いしっとりとした旨味は、夜に静かに晩酌するのに良さそうなおいしいお酒でした。

まるなか大橋商店で購入しました。

千寿「大吟醸」

DSC01337.jpg
銘柄:千寿「大吟醸」
製造:千寿酒造
種類:大吟醸
酒米:山田錦

静岡の磐田市にある千寿酒造の大吟醸を見かけたので購入してみました。透明で綺麗なラベルで300mlという小さいサイズがあったので試しに買いやすい(といっても結構な値段ですが)印象でした。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは上品でほのかに香る吟醸香です。飲んでみると結構辛口でドライな喉越しのあるお酒です。透明感がありながらしっかりと熟成された米の旨味がしっかりと乗っております。舌にまったりとした旨味が広がりとても心地よい気分になってきます。芳醇な味わいは飲み応え十分で濃いめの料理でも全く負けることのないしっかりとした味わいのお酒でした。

まるなか大橋商店で購入。ワインがメインの様ですが日本酒も結構色々ありました。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別