FC2ブログ

米宗「純米吟醸 完全発酵」(青木酒造)

DSC01214.jpg
銘柄:米宗「純米吟醸 完全発酵」
製造:青木酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

愛知県の西側に位置する愛西市は酒蔵が意外に多く、県内では酒どころの一つといえるかもしれません。そんななかで流行にとらわれずしっかりとした味わいのお酒を作っている青木酒造の米宗。山廃系のしっかりとした味わいを多く作ってますが、速醸系のお酒であっても山廃のごとくしっかりとした味わいのお酒を作ることで知られています。そんななんかでスペックは良くわかりませんが完全発酵ってラベルが貼ってあるお酒が売っていたので購入してみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはしっかりとした米麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみると吟醸とは思えぬ濃厚でしっかりとした濃厚な米の旨みがにじみ出る口当たりです。酸味の強い刺激と、その後から来る熟成した艶やかな米の旨みがなかなかしっかりとした味わいになっていてなかなか良いです。美山錦のお酒はスッキリ系のお酒が多いイメージでしたが、このお酒はしっかりとした味わいが堪能できる芳醇系のお酒ですね。ただ何度も飲んでいると野太い味わいの中に、上品で艶やかな米の旨みが感じられるとやっぱり美山錦を使っているんだなと意識せざるを得ません。愛知のお酒らしく、夏だろうと関係なくしっかりとした旨みのお酒を堪能したい人にはもってこいの旨みのお酒でした。

酒のすぎたで購入。

鷹勇「涼〜夏の純米酒」(大谷酒造)

DSC01164.jpg
銘柄:鷹勇「涼〜夏の純米酒」
製造:大谷酒造
種類:純米
酒米:山田錦+玉栄

鳥取県にある大谷酒造は明治5年創業と100年ほどの歴史を持つ蔵です。愛鳥家の初代が空を舞う鷹の勇姿に魅せられ名付けられたお酒は、創業から一貫して辛口を作り続けているとのこと。そんな蔵が暑い夏でも爽やかに飲める純米酒をと作られたのがこのお酒だそうです。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは麹の香り漂う少し飴色のお酒です。飲んでみると爽やかというよりかはやっぱりつーんとした刺激のある口当たり。少し酸味のある重厚感のある旨みと苦味が同時に口の中に広がり、ドライな喉越しで締めてくれる感じでしょうか。結構しっかりと重厚感のある味わいがあり、よくよく調べてみたら原酒らしい。ただ原酒でもアルコール度を14度くらいに調整して飲みやすく夏向けにしたってコンセプトらしい。確かに一般的な原酒と比べると少し軽めで普通の純米酒に近い感じですが、夏に飲むにはやっぱり少し重たいかなぁ。むしろ春や秋の少し濃いめの料理に合わせる方が相性が良さそうです。本醸造系の軽快さというよりか、純米原酒と純米酒の間くらいで夏でも少ししっかりとした味わいのお酒が飲みたい人向けのお酒でした。。

覚王山フランテで購入。

酉与右衛門「純米吟醸無濾過生酒」(川村酒造店)

DSC01140.jpg
銘柄:酉与右衛門「純米吟醸無濾過生酒」
製造:川村酒造店
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

貰い物なので写真も外出先で飲んでいるときのものなのでいつもと違いますが、「全量純米酒を目指す会」なる会に所属する岩手県の蔵です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり香る吟醸香の少し飴色の透明なお酒です。飲んでみると、酸味の効いたスーとした刺激のある口当たり。結構酸味が効いているなと思っていると、その後からなんともいえぬ艶やかな米の旨みがにじみ出て来て、これがまた口の中にまったりと広がって来てとても心地よいです。旨みが出て来たなぁと思っていると、だんだんと口の中に馴染んで来て、酸味もまたアクセントになり次の一口がすぐに飲みたくなってきます。しっかりとした味わいで濃いめの料理と相性が良さそうで、料理の油をほどよく洗い流して口の中に酸味の効いた爽やかな旨みに変えてくれ、料理も進むお酒でした。

もらいもの。

青雲「颯 夏純米無濾過生酒」(後藤酒造場)

DSC00707.jpg
銘柄:青雲「颯 夏純米無濾過生酒」
製造:後藤酒造場
種類:純米
酒米:山田穂

なばなの里のお土産屋で見かけたりする銘柄ですが、それ以外では蔵のある桑名市で主に売られている青雲。アクセントがセイウンだと線香メーカーですが、後藤酒造場の青雲はセイウンと読ませるそうな。って地元の人くらいしか知らないであろうネタですが、お土産向けのお酒でも結構上品で美味しいお酒を作っている隠れた名酒と勝手に思っている青雲の山田穂を使った夏限定の純米酒が販売されていたので、これからの時期にちょうど良いのかなと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少し酸っぱい麹の香りのする甘い透明のお酒。飲んでみると少しピリっとした刺激のある辛口のお酒です。苦味と酸味の中に重く広がる米の旨みがしっとりとしていて美味しい。夏を意識しているため、純米ながらもさらりとした軽快さを感じるドライな喉越しの辛口のお酒です。冷酒の方が夏らしいと勧められたが、少し温度を上げて常温くらいにするとまろやかさが出てきて少し味に深みがでてくるかな。それでも最後に〆るドライで酸味の効いた辛口が無理やり爽やかさを演出している感じでしょうか。山田錦と違い山田穂は少し複雑な味わいになりがちなのでもう少し軽いタッチにすると軽やかさの中に複雑な旨みが引き立って美味しくいただけるのではと思ったお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。

小左衛門「純米吟醸にごり 華宴」(中島醸造)

DSC00705_20180611053909ff9.jpg
銘柄:小左衛門「純米吟醸にごり 華宴」
製造:中島醸造
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

綺麗で飲みやすく美味しいので結構お気に入りで飲んでいるお酒の一つである小左衛門から、にごり酒が夏に販売されましたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり甘い麹の香り漂うお酒。開栓注意とあり、お店の人もゆっくりと開けてくださいねと念を押され正直ビビりながら開栓しましたが全く何も無く、炭酸ガスの入った清涼感もな感じることなく、ただ普通ににごり酒の印象です。澱のの入った滑らかさで、その後に感じるわずかな酸味が加わってクリーミーな舌触りです。しばらく甘くてトロッとした食感が続いた後で苦味や旨みの混ざり合った複雑な米の旨みがにじみ出てきます。この複雑な旨みは出羽燦々の成す味わいっぽいかな。にごり酒独特の甘い澱の味わいの中でもしっかりと感じられる米の旨みが光るお酒でした。

リカーショップオオタケで購入しました。

辯天「本醸造 限定生原酒」(後藤酒造店)

DSC00522.jpg
銘柄:辯天「本醸造 限定生原酒」
製造:後藤酒造店
種類:本醸造
酒米:不明

弁天の本醸造生原酒が売っていて、普通に飲んだことないなぁって思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘く香る麹の香りの透明のお酒です。飲んでみると結構ピリ辛な刺激を感じる口当たりです。口の中に広がる刺激の後からジワリとくる甘くしっとりとした重みのある旨みが結構しっかりとした味わいを出しています。フルーティーで甘くネットリとした舌触りを堪能していると、後味も結構甘辛な刺激が残り、だんだんと薄れてくる感じでしょうか。本醸造ながら結構濃醇な味わいで飲みごたえが十分あり、いつまでもフルーティーな甘さを感じられるお酒です。単品で飲んでも美味しいですし、どちらかといえば繊細な料理よりかは濃いめの料理との相性が良さそうでコスパも良いお酒でした。

石原酒店で購入。このお酒は調べてもあまり情報が無いのでレギュラー商品ではないかも。

金泉「特別純米 原酒 新酒しぼりたて」(平和錦酒造)

DSC00521_201805272128245b1.jpg
銘柄:金泉「特別純米 原酒 新酒しぼりたて」
製造:平和錦酒造
種類:純米
酒米:五百万石

美濃加茂から国道41号を下呂へ向けて走っていると看板を幾つか目にする金泉の文字。手作り少量生産で主に地元向けに作られている平和錦酒造のお酒で、レギュラーなのかは不明ですがこの時期には珍しい新酒しぼりたてのラベルがあります。ラベルの日付は2018年5月になっているので、この時期に搾ったのでしょうか?もともと花見のために4月にも搾ったりしている蔵なので、何かをやろうとしているのかもですが、このお酒自体がHPに載っていないため詳細は不明でした。

冷酒、ひやで飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒です。しぼりたて原酒とあり、火入れはしていない様子の生酒っぽい扱いでしたので、冷蔵庫で冷やしてから飲んでみました。最初に口の中にピリっと辛口を感じ、その後からサラリとした透明感のあるフルーティーな口当たりとピリ辛のドライな喉越しが同時にやってくる感じでしょうか。日本酒度は+3とそこそこですが、アルコール度が18〜19度と少し高めで結構口の中が刺激でいっぱいになってきます。この後、少し温度を上げて常温よりも少し低いくらいで飲んでみました。こちらの方がとても飲みやすく、しっとりした口当たりです。まろやかな濃厚さを持つ米の甘い旨みがとても心地よく、それでいて思っているよりもしつこさが少なめのためかスペックよりも軽く飲みやすさを感じます。そして最後に少しピリ辛でドライな喉越しで締めるのがたまりません。5月と少し暑くなり出した季節に搾ったお酒ですが、どちらかといえば寒い季節で鍋とかと一緒にいただきたいしっかりとした味を感じるお酒でした。

石原酒店で購入

虎変「特別純米 秋上がり」(金虎酒造)

DSC00259.jpg
銘柄:虎変「特別純米 秋上がり」
製造:金虎酒造
種類:純米
酒米:夢吟香

金虎酒造が出す特約店向けのお酒「虎変」の秋上がりがお店の奥の方で眠っていたので購入してみました。虎変は季節の変わり目に美しく生え変わる、という意味合いで名付けられたそうです。文字は書道家の金澤翔子氏が書いたものだそうです。秋上がりのお酒を初夏に買うという、なんとも季節外れ的な感じはしますが、熟成を重ね旨みがさらに深まったものだろうと前向きに考えての購入です。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはしっとり甘く香る麹の香りの少し飴色のお酒です。飲んでみると口の中にピリッとした刺激とともにサラリとした透明感のある甘い旨みが口の中に流れて来ます。案外軽いかなと思っていると、だんだんと米の旨みがのった甘辛さを感じるようになります。少し痺れるなと思っていると少しずつ軽く消えて行くような程よい後味がとても心地よいです。常温にすると刺激が少し薄れ、代わりにまろやかで深く濃縮された旨さが引き立つようになります。少しねっとりとした舌触りにいつまでも続く米の旨み、それでいて嫌味のない素直な甘さが程よく、口の中がとろけてくるようです。この熟成された深い旨みがとても美味しく感じられます。料理とともにいただくと、相乗効果でどちらも旨さを感じるようになってきます。個人的には少し温度をあげて常温くらいで飲むとまろやかで豊かな旨みになる好みかなと思えるお酒でした。

酒のつぼいで購入。

羽根屋「純米」(富美菊酒造)

DSC00080.jpg
銘柄:羽根屋「純米」
製造:富美菊酒造
種類:純米
酒米:不明

富山市の呉羽山の麓で酒作りを営む富美菊酒造。富山のお酒は淡麗派と濃醇派が混在していますが、ここのお酒は淡麗派かな。以前はパック酒を中心に造られていましたが、現在は生産数をかなり絞って、全てのお酒を大吟醸を作るかのごとく丁寧なお酒を造る蔵へ変貌を遂げた蔵だそうです。この純米酒は透明感のある旨い食中酒をコンセプトに作られているようなニュアンスの説明文が裏ラベルにあり、スタンダードなお酒でも丁寧に作られているようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみるとすぐにわかるのは柔らかく優しい口当たり。さらりとした透明感にある酒質で、ちょっとした酸味とピリ辛がほどほどに感じられ、その後から来る米のしっとりとした旨みがとても程よいバランスで保たれているお酒です。口の中に広がる米の旨みはあくまで優しいタッチで、これがとても心地よくわかりやすい柔らかな口当たりで初めて飲む人でも飲みやすいと感じるはず。それでいてしっとりとした米の旨みがしっかりと感じられ、とても綺麗で旨みのあるお酒だなぁと飲んでいると、次第にだんだん薄れる後味がなんとも名残惜しい。そしてついついまた次の一口を飲んでしまいます。この優しさは繊細な料理の味を邪魔することはありませんし、かといって濃いめの料理と合わせても何事もなかったかのごとく口の中を旨みで潤わせてくれるうまいお酒でした。

エスポアなかやすで購入。ここはお酒の特徴を色々教えてくれるので購入するのに参考になります。

太刀山「純米酒」(吉江酒造)

DSC00079.jpg
銘柄:太刀山「純米酒」
製造:吉江酒造
種類:純米
酒米:不明

購入したお店の人曰く、富山県のお酒は全国的にはさらりとした綺麗なお酒で知られているが、呉西の南の方ではどっしりしたお酒が多く、バリエーションが豊かであるとのこと。南砺市で酒造りを営む吉江酒造は昭和23年創業と比較的新しい蔵ですが、蔵人が親子2人しかいないという極小の酒蔵です。杜氏を雇わない蔵のはしりとも言われて(いるかは不明ですが)、生産量も少なく富山県外で見かけることはほぼ無い、まさに地酒と言える存在らしいです。そんな地酒に惹かれ購入してみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。最初に冷酒で飲んでみましたが、結構刺激のある口当たり。ピリッとした刺激とともに結構濃厚で酸味の効いたコクのある味わいが口の中に広がっていきます。その後もしばらく口の中に辛さを残しつつ辛口で占めてくる感じでしょうか。冷やしすぎると少し酸味が強いのか味の自己主張が強い印象でしたが、常温くらいにして飲んでみると、とてもまろやかになりました。最初の刺激は薄れ、重くのしかかるように口の中に入ってくるのに、そのタッチはなぜか軟らか。米の濃厚な旨みが下にジワリと広がり、重厚感がありながらも滑らかでしっとりとした米の旨みでたまりません。少し気温が上がってきてから飲んでいますが、しつこさは感じず常温なら夏でも色々な味の料理に合わせられそうだし、冬なら鍋囲みたいなって思えるお酒です。濃厚で骨太なお酒なのに常温だとするりと口の中に広がり、あくまでも柔らかいタッチで濃厚な味わいを楽しませてくれる美味しいお酒でした。

エスポアなかやすで購入。ここは富山のお酒の取り扱いにバリエーションがあって迷ってしまいますが、お店の人が結構教えてくれるのでよかったです。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別