FC2ブログ

蓬莱泉「霞月」(関谷酒造)

DSC02763.jpg
銘柄:蓬莱泉「霞月」
製造:関谷酒造
種類:純米
酒米:不明

8月最後のお酒は蓬莱泉の霞月にしてみました。避暑目的で愛知県の最高峰茶臼山高原に行く途中の吟醸工房で購入してみました。先入観無く、値段見てCP高そうだったので選んだ感じです。

常温で飲ス、うまい!!
香りはしっとり上品に香る麹の甘い香りの透明のお酒です。最初は冷酒で飲んでみたのですがスッキリとした口当たりの少し辛口のお酒です。程よい甘さと苦さ、スッキリとした口当たりで飲みやすく純米ながら夏に飲んでも重さを感じさせない上品な味わいです。冷やしすぎると少し苦味が強く感じますが、常温位まで温度を上げていくとまろやかな旨みが苦味を上回り、滑らかで艶やかな米の旨みがなかなか感じられるお酒になってきます。それでいてドライな喉越しでスッキリしていて大変飲みやすく、時を忘れて飲んでしまいます。日本酒らしい麹の味わいを感じつつ、上品にまとめられ美味しくいただけたお酒でした。

ほうらいせん吟醸工房で購入。

母情「生貯蔵酒」(平野醸造)

DSC02652.jpg
銘柄:母情「生貯蔵酒」
製造:平野醸造
種類:本醸造
酒米:不明

道の駅で見かけた母情の生貯蔵酒。酸味の効いた濃厚系のお酒がメインの昔ながらの味わいのお酒を作っていて、懐かしくてたまに飲みたくなってしまう蔵の一つです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少し柑橘系を感じる米麹の香りの飴色のお酒です。飲んでみると酸の効いた刺激のある口当たり。濃厚でしっとりとした米の旨味満載のどっしりとした味わいのお酒です。アルコール度が17〜18度とやや高めで最初は結構刺激があって飲みにくい印象ですが、水がいいのか飲んでいるとだんだん馴染んで来て米の旨みが堪能できます。ここで調子をこいて飲んでいるとあっという間に酔いが回って来ます。夏に多い生貯蔵酒はスッキリとしたフルーティーなお酒が多い印象ですが母情は昔ながらの濃厚系のお酒で直球勝負してきて、BBQとかステーキとか肉料理に相性が良さそうなお酒でした。

道の駅 清流の里しろとりで購入。この辺りは道の駅が多いなぁ。

ダイヤ菊「夏のにごり」(諏訪大津屋本家酒造)

DSC02598.jpg
銘柄:ダイヤ菊「夏のにごり」
製造:諏訪大津屋本家酒造
種類:純米
酒米:不明

ダイヤ菊の夏限定の濁り酒。こちらも蔵で今のおすすめと言われたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
麹の香り漂う濁り酒。飲んでみると酸味の効いた、意外とフルーティーな口当たり。濁り酒の独特の澱の舌触りを感じつつも米の複雑な旨味や苦味、酸味が複雑に混ざり合ったコクのある味わいです。なかなか濃厚でクリーミーな甘さを感じつつも、にごり酒にしては意外とさらりとした口当たりで締めてくるあたりは夏にごりを名乗るだけのことはあるのか。後味は意外にもスッキリしており、にごり酒に多いしつこさはなく、実に心地よい後味で口の中が程よい甘さでほっこりできます。ただ飲んでいる時の味わいはそれなりに濃厚なので、夏のあっさりした料理よりも、暑い中でバーベキューみたいに豪快な肉料理とか食べるときに飲むと意外と相性が良さそうなお酒でした。

諏訪大津屋本家酒造で購入。

勝駒「特別本醸造 本仕込」(清都酒造場)

DSC00082_2018081500350169e.jpg
銘柄:勝駒「特別本醸造 本仕込」
製造:清都酒造場
種類:本醸造
酒米:五百万石

富山県高岡市にある小さな酒造である清都酒造場は酒質第一をモットーに作られているところ。数が少なく人気のためなかなか出回らないお酒と言われ、入手はかなり困難なものと言われています。名前は知ってましたが、購入するときには全く記憶が消えており、酒屋さんに「観光で来たの?高岡のお酒あるけど、どう?」って言われ、ここで買わなければまぁ買わないだろうから勧められたし買ってみるか的なノリで購入して、しばらく冷蔵庫で寝かされていた、途中で思い出したお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとさらりとした口当たり。癖がなく、フルーティーな甘さが口の中に流れ込んで来ました。酸味とか弱いためかとてもスッキリしていて、口の中に抵抗なく入って来たかと思えば米のほんのり甘い旨みが口の中全体に広がり、だんだん薄くなってくる感じでしょうか。最初は水みたいに飲みやすいなという感じでしたが飲めば飲むほど口の中に馴染んで来て、旨味が鮮明に心地よく感じられるようになって来ます。うまさが十分にあるのに透明感のある上品な味わいで、夏のさっぱりした料理とか白身魚とかと相性が良さそうなお酒でした。

エスポアなかやすで購入。ここのおじさんは日本酒以外も色々と教えてくれ、選ぶのに逆に悩んでしまいました。

横笛「純米吟醸」 製造:伊東酒造

DSC02595.jpg
銘柄:横笛「純米吟醸」
製造:伊東酒造
種類:純米吟醸
酒米:しらかば錦

前回飲んだ「夏穂の香」とほぼ同スペックの横笛「純米吟醸」。こちらは普通の火入れ酒のレギュラーかな。美山錦を多用する蔵でしらかば錦のお酒だけ買ってくるというよくわからない購入の仕方は反省点でありますが、蔵の人もしらかば錦のお酒は少し珍しいと言っていたので、レアな酒を購入したということで。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな麹の香り漂う少し飴色のお酒です。飲んでみると。少し口の中がピリッとする爽やかな辛口の口当たり。少し酸味のあるフルーティーな優しい口当たりが飲みやすいお酒でしょうか。その後から口の中に広がる米の旨みがちょうど心地よい甘さで、これがまたうまい。少し温度をあげて常温くらいで飲んでみると、ピリっとする刺激は薄くなり、米のコクのある旨みが強く感じられるようになります。そして、旨みが強くなるとは裏腹に口当たりが優しくマイルドになってどんどん飲みやすくなるので、気がつくと次の一杯になってしまいます。「夏穂の香」は爽快感と濃厚な味わいを同時に楽しめるお酒でしたが、こちらの純米吟醸は自己主張は控えめですが旨味が乗っていて優しく包み込んでくれるかのようなうまいお酒でした。

伊東酒造で購入。

「夏穂の香」純米吟醸生酒 (伊東酒造)

DSC02597.jpg
銘柄:「夏穂の香」純米吟醸生酒
製造:伊東酒造
種類:純米吟醸
酒米:しらかば錦

諏訪五蔵の一つの伊東酒造。旅行で宿泊した宿で諏訪五蔵の飲み比べセットがあり、その中で一番好みだったのが横笛でした。そう言えば諏訪五蔵でまだ横笛飲んだことがなかったなと思い、伊東酒造へ行ってみました。伊東酒造が出す主要銘柄は「横笛」ですが、夏限定の銘柄で「夏穂の香」というのがあり、それを購入してみました。「夏 穂の香」だと思うのですがHPでも「夏穂の香」だったので、紹介は「夏穂の香」で統一です。

冷酒で飲ス、うまい!!
少し麹の香りのする、あまり強くない香りの透明のお酒です。飲んでみると最初に口の中で感じる味わいは爽やかで軽快感のあるフルーティーな口当たりです。夏に飲むお酒らしく、軽くて爽快感を感じるなぁと思っていると、だんだんと米の深い甘さと苦さの混ざり合ったなんとも言えない心地よい旨みが広がってきます。最初の酸味の効いた軽快感からなかなか濃厚でしっかりとした味わいに変わっていくなんとも不思議な感覚になってくると、次の一杯がついつい飲みたくなってしまいます。それで飲んでみるとやっぱり爽快感から濃厚まで楽しめてしまい、飲んでいて楽しくなってしまいます。あっさりしていてもしっかりとした味わいがある、夏でもしつこくなく飲めるお酒でした。

伊東酒造で購入。

ダイヤ菊「夏の純米吟醸」(諏訪大津屋本家酒造)

DSC02599.jpg
銘柄:ダイヤ菊「夏の純米吟醸」
製造:諏訪大津屋本家酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

以前から名前が気になっていたダイヤ菊。たまたま旅行の際、近くを通ったので蔵の直売場に立ち寄り旬のものをと聞いてみたらこれと綺麗な方に言われたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う少し飴色のお酒です。飲んでみると少し酸味の効いた刺激のある口当たりです。舌触りはナチュラルな滑らかさで口の中に含むと艶やかな米の旨みが全体に広がってくる感じでしょうか。
甘みがしっかりと出ていて、まったりした旨みの中にほんのちょっぴり感じる苦味がちょっとしたアクセントになり、より米の甘い旨みが引き立っている感じになっています。常温くらいの温度になるとより味に深みがでてきて、コクのある複雑な旨味が出てきます。夏に冷酒でスッキリと軽く飲んでも美味しいですが、個人的には常温くらいの温度でまったりと米の旨みを感じながらちびちび飲む方が相性が良さそうなお酒でした。

諏訪大津屋本家酒造で購入。

元文「特別純米酒」(原酒造)

DSC01906.jpg
銘柄:元文「特別純米酒」
製造:原酒造
種類:純米
酒米:不明

花酵母のお酒がメインの小さな酒蔵である原酒造の出す地元向け?らしきお酒。いつもは花酵母を全面に押し出したラベルが多いのですが、このお酒には花酵母に関することや使用している米のことなど情報がなく良くわからないお酒です。蔵のHPを見ると、それらしきお酒はありますが、月下美人の花酵母を使ったお酒と同スペック?か不明ですが、まぁ飲んでました。

冷酒、ひやで飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う飴色のお酒。飲んでみると酸味のある少しパンチの効いた口当たり。最初は口の中に複雑でコクのある旨みが広がり、全体的に苦味と旨みの混ざり合った味わいがしばらく続く感じです。少し雑味も感じますが酸味の清涼感がうまく混ざり合って、バランスを取ってくれます。何度か飲んで来て口の中に馴染んでくると飲み難さが少なくなり、逆に米の旨みが良く引き立ってくる感じでしょうか。温度が上がって常温になってくるほどまろやかな旨みが口の中に適度に心地よさを感じさせ、それでいてあまりどろっとしておらず、どちらかと言えばサラッとした舌触りで濃い味を流し込んでくれます。しっかりとした味わいはステーキとかと相性が良さそうで、最初の一口目の印象よりも馴染んで来てからが本領発揮で気が付けばご飯が進むお酒でした。

道の駅「白鳥」で購入。
花酵母を使ったにしては濃厚でしっかりとした味わいなので違うのかなと思ったが、月下美人を使った純米酒の自分のレビューをみてみるとほぼ同じようなことが書いてあるので、やっぱり同じお酒もしくは似た方向のお酒なのかな。

醴泉「純米大吟醸 撥ね搾り」(玉泉堂酒造)

DSC01522.jpg
銘柄:醴泉「純米大吟醸 撥ね搾り」
製造:玉泉堂酒造
種類:純米大吟醸
酒米:山田錦

貰い物のお酒です。養老町にある玉泉堂酒造のお酒で山田錦35%の純米大吟醸とスペック的には高価な部類のお酒で自分ではなかなか買わないお酒です。お酒を飲まない人がもらっても何も感じないみたいですが、こういうお酒を飲む機会って稀にしかないのでありがたく頂戴してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり甘く香る吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとさっぱりとしたフルーティーな口当たり。甘さの感じる上品なお酒だなと思っていると最後に来るドライな喉越しで全てをリセットする辛口のお酒です。何度か飲んでいるとフルーティーな味わいの中に米の旨みがじわりと溶け込んでいるのがわかるようになり、それでいてさっぱりした飲み口が猛暑が続く真夏であっても料理にくどさを感じさせることなく美味しくいただくことができます。誰が飲んでも飲みやすく万人受けするお酒でした。ただ個人的にはYK35のお酒はどれも似たような味になり、水のごとく上品なお酒になりがちで、もう少し癖というか個性がでてくると味があっていいなと思ったりしました。まぁ美味しかったので贅沢なボヤキですが。

もらいもの。

薄櫻「純米酒 花と猫」(増本藤兵衛酒造場)

DSC01398.jpg
銘柄:薄櫻「純米酒 花と猫」
製造:増本藤兵衛酒造場
種類:純米
酒米:吟吹雪

暑い夏が続いていますが、酒屋でこんな夜に甘口のお酒で一杯行くならこれだと言われ購入してみたお酒です。猫のラベルが少し可愛らしい感じでしょうか。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると清涼感のあるさやわかな飲み口。少し酸味の効いた酸っぱさと、程よい苦味、米の旨みが複雑に絡み合っている印象でしょうか。結構濃厚な味と生酒のフレッシュな味とが交互にくるのですが、最後に程よい酸味の清涼感が洗い流してくれるので、夏に飲んでも重っ苦しさを感じさせず、むしろそこそこ濃厚ながらも軽快な味わいを楽しむことができます。甘口でも夏のさっぱりした料理でも全く邪魔することなく飲めるお酒でした。

ひろせ屋酒店で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別